投資における勝ち組と負け組みの関係

孤高のトレーダーSYUです。

今回は投資をやっている

個人投資家の勝ち負けに関する

記事を書きましたのでシェアしていこうと思います。

 

これは数年前に

都内で行っていたセミナーで

他に類を見ない有意義な企画の一環で

負ける人の特徴を

参加者全員でディスカッションするという物で

約100人の意見・体験談を元にしております。

 

勝ち組と負け組の関係

このセミナーの講師は元個人投資家で

数冊の書籍を出している実力派投資家で

主に東京、大阪の二大都市で

定期的にセミナーを開催して

個人投資家に脱・負け組の

活力を与えている方なのですが、

講師曰く個人投資家の9割は負けているそうです。

 

世の中には世界中に

たくさんの個人投資家がいますが、

その内の9割以上が負け組みで

1割未満が勝ち組に位置しています。

 

ちなみにFXに限って言えば

年間100万円以上儲けている

個人投資家の割合は0.001%のようです。

 

そもそも相場って

上がるか下がるかの二択なのに

どうして5:5ではなく

9:1の割合になってしまうのか?

なぜこの様に極端に2分されてしまうのか?

 

「勝ち組は規則に厳格であり、

期待に柔軟である。

負け組は規則に柔軟であり、

期待に厳格である。」

という指摘をしている

ごもっともな意見を述べている人もいます。

 

私もこの意見には納得しているのですが、

それを更に私なりに考察し、

分析すると以下のことが分かりました。

 

負け組と勝ち組の考え方の違い

負け組は「目先の利益」や

「楽」を求め小手先のテクニックから入る。

勝ち組は「将来的な利益」や

「楽」を求めるために、

まず、取引対象となる値動きを研究し、

独自の取引スタイルの構築を考える。

 

更に具体的に言うと、

負け組はレートの変化をよそに、

システムトレードや自動売買ソフトなどの、

非裁量な完全固定ルールを持った投資ツールに手をかける。

 

反対に勝ち組は

長く利益を上げ続けるために、

値動きの本質を知り、

変化する値動きに柔軟な取引が出来る

独自の売買ルールを構築し、

実行し続けている。

 

という事がセミナーの

ディスカッションから判りました。

 

この事からシステムトレードや

自動売買ソフトをメインに使っている人は

勝ち組ではなくて

負け組に入り易い傾向にあるようです。

 

ただ、値動きやレートの変化等

状況に合わせて裁量を入れた上で

システムトレードや

自動売買ソフトを使い分けている人は除きます。

思考停止状態で

機械的な投資だけやっていては

変化し続ける相場で

勝ち残る可能性が

低くなってしまうのではないか

と言うのが私の考えです。

 

私個人としても

自分の勉強も兼ねて

いろいろなシステムトレード、

自動売買ソフト、

情報商材の実態調査等やっておりますが、

だいたい巷に売られている商品は

以下の傾向にあるようです。

 

情報商材の傾向

とある情報商材販売会社の

FX商品の種類を、

「裁量」と「システム(システムトレードと自動売買ソフト)」

の二つに分けてみたんですが、

面白いことに、内9割が

「システム」で、

残り1割が「裁量」を訴えるものでした。

 

ようは、給与は上がらないし、

物価も消費税も上がってきて

生活が苦しくなって来たから何とかしよう、

投資を始めて見ようと考える

投資初心者(FX初心者)が、

情報商材販売会社で

FX材を探した場合、

目にするFX商材の9割が

「システム」系となるのです。

 

これから投資を始めようと考えている人が

何を考えながら情報商材を探しているのか・・・

 

それは、経験した人なら分かると思いますが、

投資をしたい人の心中は

「お金を増やしたい、たくさん稼ぎたい」

そして、楽に稼げれば尚良い・・・

 

そんな彼ら初心者が

「裁量」と「システム」の

どちらを選ぶのか・・・

 

個人の知識や経験、

方法論をインターネットを介して

不特定多数に売る

情報商材という物が

世の中に出てきたのは

私の知る限り2003年頃だと

記憶しておりますが

あれから15年以上の歳月を経ても

負け組の比率が変わらないどころか

寧ろ若干増えているのは

そんな裏事情から

来ているのかもしれないですね。

楽して簡単に儲かるは売るための常套句

楽して簡単に儲かるというのは

日常的にインターネットの

広告欄で目にする常套文句ですが、

これは情報商材界隈に跋扈する

詐欺師達が情報弱者から

お金を巻き上げるための常套文句であり、

こうした事は幻想であると私は思います。

 

日々地道に努力してトレード日記をつけて、

自分なりの勝ちパターンを見つけて

それを大事に伸ばして行く事が

脱・負け組になれる

唯一の方法であると私は思っております。

 

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください