続・個人投資家は超不利

孤高のトレーダーSYUです。

以前の記事では

日本のFX会社の実態について

お話ししましたがいかがだったでしょうか?

 

個人投資家が相場を張る上で

非常に不利である状況はまだあるので

今回はその続きをお話ししたいと思います。

以前の記事はこちらをご覧下さい

 

さらに個人投資家が不利な理由

これはプロトレーダー主催の

セミナーで聞いた話ですが、

投資銀行やヘッジファンド等の内部には

個人投資家の動向を調査する

諜報部が存在しているらしいです。

 

この諜報部では

インターネット上に存在する

不特定多数に向けられたトレード手法、

人気のあるメルマガ、

掲示板、会員制サイト、情報商材等、

個人投資家が何を思い

どういう行動をするのかを

監視、研究しているらしいです。

 

それはつまり有名なトレード手法程

完全に情報が筒抜けしている・・

 

トレード手法ごとに

どこで入ってロスカットは

どこに設定しているかもバレバレで

FX会社とグルになれば

ロスカットは完全掌握された状態なので

ストップ狩りのし放題ですね。

 

私も某証券会社の

悪質なストップ狩りに遭遇し、

本来有り得ない価格で

無理やりロスカットさせられた経験があります。

 

他の証券会社では

約定していない価格での約定という

悪質極まりない行為は理不尽であり、

不誠実でありますし、

こちらも納得できない損失でした。

 

某証券会社の悪質な所業については

後日別記事にしてシェアする予定です。

 

ロスカットを引いていない個人投資家は

その後の急激なレート変動から来る

精神的ストレスに悶え苦しみ、

恐怖に駆られて狼狽売りしたり、

資金不足による強制決済になってしまったり・・

 

そもそも投資という世界は

お金の奪い合いをする

仮想空間で行われる戦争そのものです。

 

こちらがどんな作戦で

どんな武器を持って

戦を仕掛けようとしているかが

相手に漏れた状態で勝てると思いますか?

 

仮想空間での戦争

一昔前のアメリカの株式市場では

こんな逸話があったそうです。

 

アメリカのデイトレーダー達は

自分達の事を「スターウォーズ」に

例えていたと言います。

 

スターウォーズは有名なSF映画なので

そのストーリーは誰もが知っていると思います。

 

ルークスカイウォーカーやハンソロ達、

正義の騎士ジェダイを擁する

共和国軍の最大の敵は

ダースベイダー率いる悪の帝国ですが

ここで言う悪の帝国とは

ゴールドマンサックスや

モルガンスタンレー等の

大手投資銀行を筆頭とする

世界的に有名な大手証券会社や

年金基金等の機関投資家の事です。

 

この悪の帝国を相手に

高速ネット回線と

最新のトレーディングシステムで

武装したデイトレーダー達が

共和国軍となって

ネット上で情報交換しながら

戦いを挑むというものでした。

 

ターゲットとなるのは

年金基金や投資信託に

組み込まれている銘柄だったそうです。

 

悪の帝国の運用ルールとして

株価$1未満の銘柄は保有しない

というのがあったそうですが

共和国軍の誰かが

この情報を嗅ぎつけた事から

この戦は始ります。

 

共和国軍の戦略は

この情報を元に力を合わせて

対象銘柄を売り叩き、

終値で株価を$1未満にしてしまう

というものだったようです。

 

こうなると翌日に

ファンドマネージャーは

ルールに従ってその銘柄を手仕舞いし、

共和国軍は大儲け、

悪の帝国は大損するという状態になったそうで

この時期の共和国軍に扮したデイトレーダーは

たった一日で総資産を倍にした

という話がざらにあったそうです。

 

デイトレーダー達は口を揃えて

なんてエキサイティングなゲームなんだ!

と言っていたそうです。

 

多くのデイトレーダーを魅了した

このゲームの面白さは2つあり、

1つ目は何と言っても

100%確実に儲かるという事です。

 

対象銘柄の終値を$1未満にしてしまえば

翌日には機関投資家が持つ

膨大な量の持ち株が

一斉に手仕舞い売りされるのだから

100%暴落するのです。

 

自分の口座残高が

みるみる膨れ上がっていく様を見れば

さぞ笑いが止まらなかった事でしょう。

 

もう1つはネット上で

情報交換しながら

皆で力を合わせてトレード出来る事です。

 

たぶんこれが

アメリカのデイトレーダー達を

夢中にさせた

一番の理由なんじゃないかと思います。

 

通常トレーダーは孤独なのです。

ポジションを持てば

その後の値動きがどうなるのかわからず、

目の前で資産が上下動する事もあって

精神的に不安な状態になるからです。

 

しかし、このゲームに参加する事で

ネット上の仲間が

皆、自分と同じポジションを持っているんだ

という安心感が生まれるのです。

 

精神的なストレスが無くなって

結果としてすごく儲かるんですから

トレーダーにしてみれば

こんなに居心地の良い事はありませんね。

 

仲間と情報交換しながら

力を合わせて対象銘柄を売り叩き、

$1未満になるまで追い詰めていく・・

 

このゲームに参加する

デイトレーダー各個人が

各地でゲリラ戦を行って、

悪の帝国内に巣くう

モンスターを狩猟していく様はまるで

「モンスターハンター」を代表とする狩りゲーム、

今流行りのオンラインゲーム

そのものではないでしょうか?

 

当時はトレーダーにとって

夢のような時間だったでしょうが

この狩りゲームも唐突に終わりを迎えます。

 

それは$1間近になると

急に買い上がる機関投資家が出現したためです。

共和国軍の手の内が読まれていたのです!

 

このゲームの参加者、

共和国軍の同志達は当然パニックに陥ります。

借金したり、全財産を賭けていた

トレーダーも居たかもしれません・・

 

結果として悪の帝国の巨大な資金力の前に

共和国軍は成す術なく壊滅させられたのです。

 

いかがでしょうか?

どんな素晴らしい戦略も

世に出た時点で

その効力を失ってしまうという教訓です。

 

この逸話のように

こちらの手の内を全て知られた状態で

まともな勝負なんてできると思いますか?

 

今まで通用した手法が

いきなり通用しなくなるなんていうのは

もしかすると諜報部の仕業かもしれません・・

 

現在使える手法だって

諜報部が関わる事で

通用しなくなるかもしれません。

 

右に行っても左に行っても

トラップに引っかかって

ドンドンなけなしのお金を

むしり取られてしまいます。

 

彼らも企業である以上

利益を追求するのが目的なので

勝つためなら何でもありなので

卑怯も汚いもありません。

 

勝たなければ潰れてしまう以上、

勝つ事(儲ける)が全てなのですから。

これがいわゆる生き残るという事です。

 

戦場で殺られていくら相手が

卑怯だとか汚いとか言っても

負け犬の遠吠えでしかありません。

 

戦場においては

どうやって相手の裏を欠くかを

虎視眈々と狙っている物なので

無防備な背中を晒しておいて

後ろから撃たれた、

刺されたと騒ぎたてた所で

良い笑い物になってしまいます。

 

こんなトラップだらけの状態で

個人投資家が勝つ事は出来るのか?

 

こんな理不尽な状態でも

勝つ方法がたった1つだけあると

私は思っております。

 

それは世界で自分しか知らない

トレード手法で勝負する事です。

株式投資の格言にも

同じ意味の言葉があります。

人の行く裏に道あり花の山

 

これこそが個人投資家に残された

この理不尽な投資の世界で勝つ

唯1つの方法だと思います。

 

このブログでずっと前から言っているように

トレード手法は自分で考えないと意味が無いんです。

その本当の理由がわかっていただけたでしょうか?

 

私が尊敬するジェイコム男ことBNF氏も

自分のトレード手法の詳細に関しては

一切口を閉ざしています。

 

彼を知る全ての投資家、関係者が

知りたいであろうトレード手法は

謎のベールに包まれたままです。

 

たぶんこんな手法だろうという物は

ネット上にいくつか情報がありますが、

BNF氏自身の口から

トレード手法を明かしていない以上

そのどれもが憶測であり、

本当かどうかはわからないと思います。

 

結局基本と正道に立ち返るしかないと思います。

何かを上手にやろうと思ったならば

その何かをとことんまでやってみる。

 

例えばゲームで上手くなりたいと思ったら

そのゲームをひたすらやってみる事から始めるはずです。

 

どこかで上手くいかなかったり、

失敗したらどうして上手くいかなかったのかを

考えてその原因の究明をすると思います。

 

トライ&エラーを繰り返して

物事は上手になっていくものではないでしょうか?

 

日常生活だけでなく

仕事上でもこの理屈は同じはずです。

 

こうした積み重ねが大事なのに

どういうわけかそれが

スッポリ抜け落ちてしまっている・・・

 

インターネットの普及で

いろいろな情報が瞬時に手に入る

便利な世の中になりましたが

その代わりに人間として

大事な部分が退化してしまったように思います。

 

ネット上で手に入れた手法を過信して

どういうわけか他人に

自分の行く末まで委ねてしまっている・・・

(悪い言い方をすれば

金ズル要員として洗脳されてしまっている)

 

自分の事は自分で決める。

これは投資云々ではなく、

もっと別次元の話で

人としてどうかという事じゃないでしょうか?

 

これは何かの本で読んだ内容ですが

自分で決定したことについては

責任逃れはできないのですから、

一生懸命に頑張るしかない。

 

一生懸命に自分で努力するということは

多くのことを経験することであり、

多くのことを経験することは

人生を豊かにしてくれるものでもある。

 

経験の豊かな人は決断力があるので、

決断力のあることがよりいっそう

自分に対する自信を植え付けてくれるのだそうです。

 

世の個人投資家、

とりわけ日本人は

圧倒的に経験不足だと言います。

 

諸外国では子供の頃から

投資教育というのがあるそうですが、

日本人は幼少の頃から

従順な従業員になるための

勉強しかして来なかったため、

投資に対する知識や実践という意味では

ここで既に差が出てしまっています。

 

ちょっと失敗したら

すぐ他の方法を探しに

ネットサーフィンを始めます。

 

何か良い情報はないか?

何か儲かる話はないか、

誰か儲けさせてくれる人はいないか

とこればかりに夢中になります。

 

しかし今回の諜報部の話で

いかに無駄な事かが

わかったんじゃないでしょうか?

 

これが私が外堀が埋められている

と言っている理由です。

 

投資で儲けるための答えは

インターネット上にはまず存在しないのです。

 

ネットサーフィンで

他人の動向をチェックしている時間があるなら

自分でルールを作り、

自分でトレード方法を考え、

愚直に実戦を繰り返して経験を積む。

 

この地道な努力がいつか実を結び、

トータルでプラスという結果として表れるようになる。

 

それが自分(自己トレード方法)

に対しての自信となるはずです。

 

そうなればもはやネットサーフィン等して

他人の情報に頼る事は無くなると思います。

 

一人前の自立したトレーダーとして

今後もずっと相場から収益を挙げ続けて行く事でしょう。

 

BNF氏もある雑誌でこういっていました。

どれだけ株の本を読んでも

相場はうまくならない。無駄です。

水泳の本を読んで泳げるようになりますか?

大事なのはセンスと実戦です。

 

しかし、投資の道は

とても険しく厳しい道のりです。

数多くの失敗をしなければなりません。

 

手持ちの資金が全て吹き飛んで

0になる事は何回もあります。

その度に凹みますし、

自分は投資に向いていないんじゃ

ないかなぁと弱気になります。

 

常に失敗の連続なので

精神的にタフでなければやってられません。

 

いつ効果が表れるかもわからない

地道で泥臭い作業を

毎日毎日繰り返し

積み重ねていかなければならないのです。

 

トレード中は不安と葛藤、

自己矛盾を抱えて

戦々恐々とした日々を

過ごさなければなりませんし、

ポジションを持ったまま

オーバーナイトしようもんなら

極度の緊張感や

精神的ストレスのせいか

大損する悪夢を見る事だってあります。

 

ロスカットを設定していても

システムトラブルなんかで

損切りされていなくて

まだポジションが生きているせいで

大損する様を見て

気が動転してしまう事もあります。

 

大損したポジションを

持ったままの状態では

顔面蒼白、

喉はカラカラに乾いて食欲も無くなり、

どこかフワフワしていて

現実感が無くなったりしますし、

レートが気になって気になって

仕方なくなります。

 

常にレートチェックが

習慣になってしまって、

他の事をやっていても

どこか上の空で

身が入らない状態になります。

 

精神的ストレスからか

下痢になったり、

偏頭痛に苛まされる事だってあります。

 

人によっては怒りっぽくなったり、

攻撃的になったりして

周りの人間に不快な思いをさせたり、

危害を加える事も少なくないでしょう。

 

大損した直後なんかは

他に何もやる気が起きなくなって、

時には何もかもが

どうでもよくなってしまう事もあります。

 

ダメージの受け方によっては

生きてる事が嫌になって死にたくもなります。

 

人によっては放心状態になって

何もする気が起きなくなるかもしれません。

 

大損した事が悔しくて

取り返そうとして玉砕し、

さらに傷口を広げる人だっているでしょう。

 

非常に辛いです。

しんどいです。

何回も壁にぶちあたります。

 

資金的にも精神的にも辛いし、

きついです。

ホントに苦しくてたまらないです。

 

トレードを続けていれば

こういう気分を何度も味わう事になります。

 

こんな苦行の毎日なんだから

全て投げ出してトンズラしたくなりますよ。

 

でもこの道を通るしか

個人投資家が勝つ方法は

無いんだと思います。

 

毎回のようにトレードに対する

マイナスイメージの文章を

羅列してしまって

大変申し訳ないのですが、

でもこれが真実なんです。

トレードをやっている限り

この現実からは逃れられません。

どこに行って

誰にトレードを教わろうが

最終的にはここに回帰する事になります。

 

トレードを教える側は

トレード手法やアドバイス、

大損しているポジションを

どうしたら良いかと言った

相談事くらいには

乗ってくれるかもしれないですが

いちいちあなたの

ポジション管理まではやってくれません。

 

私は以前、ある掲示板に

書き込みを行っていた時期がありますが、

結局みんなトレードで被る

精神的な苦痛や重圧から

逃げたいだけなんだなと思いました。

 

誰かの投資理論に乗って

楽して儲けたいだけの人だって

いっぱい居ます。

 

「絶対に儲かりますか?」

このコメントなんてその最たるものでしょう。

次点で「本当に大丈夫ですか?」

というのもあると思います。

 

ある投資案件に乗ったはいいものの

なかなか結果が出なかったりすると

不安になって掲示板等で

他者がどう思っているか

意見を求めるなんてのはよく見る光景です。

最近ではLINE@とかでしょうか?

 

そんなに不安だったら

投資自体を辞めるべきです。

 

こういう経験のある人は

「何のために投資活動をしているのか?」

についてもう一度よく考えるべきです。

 

だいたいの人は

将来の金銭的な不安があるからといって

投資の世界に入ってくるのですが

将来の不安を取り除くための投資活動が

現時点で不安になっていては本末転倒です。

 

将来の金銭的な不安を解消するために

投資活動をするという

短絡的な答えを出すのではなく、

なぜ不安に思うのか?

投資以外の選択肢はないのか?

等もっとよく考えるべきです。

 

でも投資してすぐ不安になる人は

たぶん投資自体に向いていないタイプの人でしょう。

 

私は簡単!儲かる!

なんて綺麗事は言いません。

大損する前に辞めた方が良いと言います。

 

精神的な苦痛を味わい続けるという

まるで生き地獄のような日々を過ごした挙句に

大切なお金まで無くしてしまうのであれば

何のために投資活動しているのか

わからなくなりますし、

この拷問のような期間は何だったのかと

非常に理不尽に思います。

 

だったら自分のため、

家族のため、

大切な人のために

お金を使った方が有意義だと思うからこそ

忠告させていただいてます。

 

トレードに真剣に向き合う気が無いとか、

誰かの外馬に乗って楽して儲けてやろう

と思っているなら大怪我する前に辞めた方が良いです。

 

こうしたマインドのまま投資の世界に居ると

いつか足元をすくわれる日がやってきます。

 

投資はハイリスクハイリターンなんて

マスコミで言われていますが真っ赤なウソです。

知識も何も無く無知なまま挑めば

投資はハイリスクマイナスリターンです。

 

世界中のFXをやっている個人投資家で

年間収支がプラスの兵はどれくらいの割合か

プロトレーダーから聞いた事がありますが

その数字は絶望的なものでした。

 

この絶望的な数字を知ってか知らずか

当局は当然のこと

マスコミも公表しようとしません。

 

それどころか明らかに嘘の数字を提示して

FXは簡単に儲かる的な宣伝をしているんですから

知っててやってたら詐欺ですよね。

 

この数字を知っていたら

誰がわざわざ負ける勝負を

するというのでしょうか?

 

これだったらまだ

ギャンブルの方がマシというか

もう少し良い数字になりそうな気もしますが

負けるとわかっていて

大金を注ぎ込む奇特な人がいるなら

ぜひ見てみたいと思います。

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください