トレーダーが大損する最大の原因

孤高のトレーダーSYUです。

今回はトレーダーが大損する

最大の原因についてシェアして行こうと思います。

 

自分が裕福になるために

一生懸命頑張って

日々投資に打ち込んでいるのに

自分の内側のある物が

自分が全く望んでいない

破滅に向かって突き進んで行くため、

この問題は非常に厄介で

出来るだけ早期に気づいて

克服しておかないと

後々大変な問題に発展してしまいます。

 

その内側のある物とは一体何なのか?

についてお話して行きます。

 

トレーダーが大損する最大の原因

トレーダーが大損する最大の原因が

自分の内側にある物で

そのある物とは一体何なのか?

それは「人間の本能」です。

 

人間の本能が投資で

裕福になる事を邪魔するのです。

 

生物として生きていくための、

本来味方であっても良いはずの本能が

投資で裕福になる事を邪魔しているんです。

 

人間の本能が裕福になる事の邪魔をする?

え?そんなバカな?

って思う人も居ると思います。

これは一体どういう事か?

 

この現象については昔から

プロスペクト理論で説明されておりますが

研究の進んだ現代ではその秘密が

行動経済学(神経経済学)にあるとされています。

 

プロスペクト理論とは

まず、プロスペクト理論について

おさらいしておくと

プロスペクト理論は

ファイナンスにおける意思決定において、

人々がリスクを伴う選択肢の間で

どのように意思決定をするのか?

 

個人が損失と利得をどのように評価するのか?

という事を経験的事実から出発して

記述する理論であるとされています。

 

理論の説明としてよくある例として

次の2つの選択肢があったとしたら、

あなたはどちらの選択肢を選びますか?

というような設問を出されて

人間の期待効用仮説の矛盾を証明するものです。

【パターンA】
選択肢1:100%の確率で1万円手に入る。
選択肢2:50%の確率で2万円手に入り、50%の確率で何も手に入らない。

【パターンB】
選択肢3:100%の確率で1万円失う。
選択肢4:50%の確率で何も失わない、50%の確率で2万円失う。

確率の値は説明するサイトによってまちまちですが

合理的判断をするならば

確実に貰えるものは貰う、

確実に損する状況なら

損は小さくする

という選択をするはずですが

ここに期待効用仮説の矛盾が出るわけですね。

 

結論としては人間は

確実に得られる物がある場合はリスクを避けて、

既にリスクを背負っている状態では

過剰なリスクテイカーになってしまうという事です。

 

この場合、多くの人が

パターンAでは選択肢1を選び、

パターンBでは選択肢4を選ぶ

という事になります。

 

なのでプロスペクト理論の示す通り、

人間の本能のままに投資をすると、

【利益は小さく損は大きく】となってしまいます。

 

損をする事に対する恐怖が大きいため、

以下のような心理状態になり易いのです。

・現在利益が少し出でいる状態だが、下がると怖いので利益確定させよう。
・現在損失になっているが、損するのは嫌だし、これから上げるかもしれないので損切りはしない。
・現在大幅な損失を抱えている状態であるが、大損をするのは嫌だからもう少し待とう。

このような心理的な葛藤は

投資家なら誰でも経験していると思いますが

プロスペクト理論に従った投資行動をしていると

利益は小さくなり易く、

損は大きくなり易い傾向が出てきます。

 

このようなトレードを続ければ

運用資産は確実に失敗し、

資産は目減りを続けていきます。

 

これは本能に忠実な(正常な?)

人間であればこそ陥ってしまう現象であり、

世界中の投資家がこの循環から抜けられずに

苦しんでいるという

いわば投資家共通の悩みでもあります。

 

行動経済学とは

次に行動経済学の観点から

投資行動について見てみましょう。

 

行動経済学とは心理学と経済学の融合を試みた

経済学の一分野に位置付けられております。

 

行動経済学で使用する装置によれば

人々が経済的決断を下す時、

脳の中で起きる過程を

観察することができるそうです。

 

例えば市場が暴落する際に

トレーダーが果して

合理的判断によって決済しているかどうか、

あるいは漠然と恐怖によって

投売りしているかどうかが分かるらしいです。

 

こうした実験から

人間は経済的決断を下す時、

本能や感情を抑えて

合理的な判断が出来なくなる傾向にあるという事です。

 

また、ある学者は人間の行動が

理性と感情という二頭の馬に引かれる

双頭馬車だとするならば、

経済的決断を下す時に限り、

理性は小さな小馬に過ぎず、

感情は象程の大きさになると

主張しているそうです。

 

これがいわゆる

【わかっているのに損切り出来ない】

理由です。

 

理性ではもう損切りしないといけない事が

わかっているのに感情がそれを許さない状態になるのです。

 

その結果、含み損はドンドン膨れ上がり

耐え切れなくなってやっと損切りするハメになります。

 

有史以来この現象で資産を失った投資家は

それこそ星の数ほどいる事でしょう。

 

学問の発達した現代では

行動経済学のような新しい分野が研究されて、

人間の行動を科学的に証明出来るようになっていますが、

こうした学問の無い昔の投資家で財を成した人々は

それこそ一握りの天才か

正常な人間の感情を持ち合わせていない

機械と化した人だったのでしょう。

 

また、人間は目の前の出来事を過大に評価し、

将来の出来事を過小評価するという傾向が

ある事も報告されています。

 

例えば今すぐ手に入る一万円は

一ヶ月後に手に入る一万円よりも価値が大きく、

一年後に手に入る一万円は

今すぐ手に入る一万円よりも価値が下がります。

 

期間が延びれば延びるほど

価値が無くなっていくので

十年後の一万円は無価値と感じてしまいます。

 

逆に今すぐ支払わないといけない一万円は喪失感が大きく、

支払いが先延ばしになるほど関心が無くなっていきます。

 

大損する原因の総評

いかがでしょうか?

個人投資家がやってしまう

コツコツ稼いで損切りが出来ずに

ドカーンと負ける理由は

行動経済学で説明出来てしまうのです。

 

また、デイトレードや短期売買を好むのだって

目の前の出来事を過大に評価するという傾向そのままです。

 

だから今すぐ利益が手に入る

スキャルピングやデイトレードに走ってしまい、

後から利益が手に入るであろう

中長期の売買は無関心となってしまいます。

 

投資の世界においては

時間軸が短い投資手法である程、

難易度が高くなります。

 

人間の本能のおもむくままにトレードしてしまうと

確実に損する行動をしてしまいます。

 

そして人間は得する時の嬉しさよりも

損する時の悔しさの方がはるかに大きく感じるのです。

 

例えばトレードで一万円の利益を獲得した喜びを1とするならば、

一万円の損失を出した悔しさは-2~となるので

同じ一万円の価値なのに

頭の中では全く別物になってしまいます。

 

これがもっと金額が増えると

この喪失感は指数関数のように膨れ上がり、

十万円の利益を獲得した喜びを10とするならば、

十万円の損失を出した悔しさは-100~となるので

物凄く悔しい気分になってしまい、

人によっては感情的なトレードに

走ってしまう事もあるでしょう。

 

しかし、この損失もある許容量を超えると

麻痺してしまいます。

 

普段大金を手にすることがない人が、

大きな金額を取り扱うと

「金銭感覚が麻痺する」と言われたりしますが、

この事を学者達は

感応度逓減性(かんのうどていげんせい)

と指摘しています。

 

感応度逓減性とは

金額が極端に大きくなると

利益と損失の効用(喜び・苦痛)は

一般に小さくなるという現象です。

 

例えば一億円持っている人が

50万円増えたり減ったりしても

ほとんど効用がありませんが、

100万円しか持っていない人が

50万円増えたり減ったりすれば

その効用は非常に大きくなるという

当然の感情の働きが感応度逓減性です。

 

もっと身近でわかりやすいところだと

普段は買い物等で

10円や100円単位の値段を気にする人が

投資では10~100万円単位の金額の違いには

無頓着になってしまう現象の事です。

 

普段の生活では10円単位でも

ケチケチして切り詰めて生活していても、

普段目にする事が無い大きな金額となると

もはや金銭感覚が麻痺してしまい

最悪どうでもいいやとなってしまいます。

 

この現象は含み損を抱えた状態で

経験する事が多いかと思います。

 

普段自分が手にする金額くらいの

含み損を抱えている間は

ハラハラドキドキしていても、

ケタが一つづつ繰り上がる事で

もはやどうでも良くなってしまいます。

 

例えば普段財布に数万円しか持ち歩かない人が

同額の含み損を抱えると

非常に相場が気になって仕方なくなりますが

含み損が100万円以上となると

もはや100万円も200万円も

変わらなくなってしまうのです。

 

仮に300万円で損失が確定した所で

300万円という現金は普段手にしていないので

喪失感を全く感じない現象が起きてしまうわけです。

 

ところが確定損失が8,000円とか

自分が想像出来る金額になると

激しく喪失感を感じるようになり、

悔しい気持ちが湧き上がって来ます。

 

これは8,000円あったらあれが出来る、

これが出来る、それが買えると

リアルに想像出来るから

より悔しい気持ちになるという事ですね。

 

投資の世界に足を踏み入れたばかりに

この結末を迎えてしまう人は

やはり有史以来星の数ほどいる事でしょうし、

こんな事をやっていたら

せっかく頑張って節約生活をして

家計を切り詰めて細々とやっても

何の意味もない事になってしまいます。

 

自分が普段使うお金よりも

明らかに大きくはるかに巨額な損切りをしてしまう・・・

これも人間の本能が成せる技なのでしょう。

 

今後もこうした理論的なお話をしていくつもりですが

今回も忠告させていただきます。

 

いくらいろいろな知識を得たところで

実際のトレードで自分自身で実行出来なければ

誰にトレードを教わろうが意味がありません。

 

これまでの記事でも

トレードで大事な事は自己規律を守る

事だと言いましたが覚えているでしょうか?

 

自分で作成したルールでも

誰かに教わったルールでも構いませんが

ルールの通りにトレードする事は

簡単なようでとてもとても難しい事です。

 

特に損切りは確実に

出来るようにならなければなりません。

 

いちトレーダーとして

明日も明後日も・・

一年後も十年後も

生き残っているためには

損失はここまでと決めたところで

スパッと切れる技術を

身につけていなければなりません。

 

ハッキリ言いますが

インターネット上のどこを探しても

あなたがしっかり損切り出来るように

してくれる人はいません。

 

どんな種類の情報商材だろうが、

有料の会員制クラブだろうが

実際にトレードするのがあなたである以上、

損切りの決断をして実行するのは

あなたしかいないのです。

 

しっかりと損切り出来るように

自分でトレーニングするしかないんです。

 

ネットサーフィンしてても

損切りが上手に出来るようになる事はありません。

 

トレーニングもしないで

ある日突然ルールを守って

トレード出来るようにもなりません。

 

金額が大きくなればなるほど、

自分が普段目にしている金額以上であれば

なおさら損切りが困難な状態になります。

 

私も何度も何度も同じ失敗を繰り返し、

何度も何度も自己嫌悪に陥り、

どうして自分で決めた事も守れないのか?

やっぱり俺って本当に馬鹿なんじゃないのか?

なんでいつもこんなアホな事をやってしまうのか?

と悩み苦しんだものです。

 

私は以前たった2万円の損切りが出来ずに

結果として300万近い損失を出してしまった経験があります。

 

2万円で損切りすると決めていたのに

自分でルールを破り、

後から自分に都合の良い後解釈を付け加えて

ナンピンにナンピンを重ねた挙句、

ハイレバを形成した結果が約300万の損失でした。

 

これまでもいろいろなセミナーや

投資コミュニティに参加して

損して来た人の意見を聞いてきましたが

誰も彼も同じ失敗をしている、

プロのトレーダー達でさえも

初めは同じ失敗をしているので

これは確かだと思っています。

 

自分が苦しい状態で試されるのは

いわゆる人間力だと言われています。

 

自分の抱えた問題を全て投げ出して楽に逃げるのか、

知恵と勇気を振り絞って問題と対峙し、

見事に打ち負かし成長するのか・・

 

どちらの選択を下すのかは人それぞれ自由ですが

少なくとも投資の世界で前者を選択するならば

負け組のままだと思います。

 

少なくとも私は楽に逃げたために

毎回騙されて大切なお金を毟り取られて来ましたし、

困難に立ち向かう選択をして成長し続けた結果として

勝ち組トレーダーになれた事実があります。

 

困難に立ち向かうという選択は

非常に根気の要る事でとても時間のかかる行為です。

 

時には失敗続きで気が滅入っている状態になったり、

自信を無くしてヤル気が起きない

無気力な状態になる事もあるかと思います。

そうした状況の方にはこの動画をご紹介します。

リアルでもネット上にも

人の努力を馬鹿にする輩(いわゆるアンチ)は

一定数存在しますが、

そうした人たちの悪魔の囁きに耳を貸さず

勝ち組トレーダーになるその日まで

直向きに努力する事を諦めないで欲しいと思います。

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください