プロたる所以

孤高のトレーダーSYUです。

これは私がプロトレーダー主催の

高額なトレードセミナーに

参加した時に聞いた話で、

個人投資家必見の内容だと思ったので

当時のノートを見返しながら記事にしました。

 

今回はプロがプロと呼ばれる

所以についてお話したいと思います。

 

プロたる所以

一般的にプロと聞いて

どのようなイメージを持たれますか?

辞典等で調べると

次のような説明がありました。

 

プロフェッショナル (professional)、

略して「プロ」。

別名で玄人。

ある分野について、

専門的知識・技術を有していること、

あるいは専門家のこと

 

私の中ではプロというと

何かの専門家とか

上手な人というイメージをしていましたし、

私が子供の頃は

何か上手な人を見かけると

あいつプロだとか

プロいと

良く言っていたものです。

 

しかし、プロトレーダーから

プロの意味を聞いて

イメージが変わりました。

 

今では

「あるものごとを生計の手段として行なう人」

をプロという認識に変えています。

 

つまり1円でも

お金を貰う事が出来るのであれば、

それはもうりっぱなプロなんです。

 

ことトレードに関しては

トレードで収益を出し、

それで生計を立ててこそ

真のプロなのです。

 

TVやラジオで

偉そうにしゃべっている

アナリストやエコノミストは

私に言わせれば

トレードに関しては

素人であって

プロではないのです。

 

アナリストは相場の分析、

解析した対価として

お金を貰ってますし、

エコノミストも同様で

その道ではプロでしょうが

彼らはトレードして

お金を得ているわけではありません。

 

それに対してプロトレーダーは

実際にトレードをして収益を出し、

それで生計を立てているからこそプロなのです。

 

なのでトレードに関して

耳を傾けるべきは

アナリストやエコノミストの

妄言ではないと私は思うのです。

 

実際にトレードをするのは誰ですか?

将来的に相場から収益を享受し、

それで生計を立てるのは誰ですか?

・・・・

それはもちろん自分自身です!

 

ですので、

実際に耳を傾けるべきは

他人の御託ではなくて

自分自身の意思であり、

信じるべきは自分の力なんです。

 

実際、他人に頼る方が簡単ですし、

とっても楽チンです。

 

ですがそれでは

一生プロにはなれません。

 

プロになるためには

近道なんてありません。

 

地道な努力の

積み重ねをする意外に道はありません。

遠回りなようで

これが一番の近道です。

 

これはトレード以外の

日常生活の一端でもそうだと思います。

 

私は去年までIT業界で

派遣社員をやっていました。

SEなので設計とプログラミングが

主な仕事内容です。

 

設計のレビューでは

こういう観点が抜けている、

こういう場合が想定されていないと

ダメ出しされましたし、

プログラミングを覚えるのに

相当の時間を使って勉強しましたし、

数え切れないくらいバグを出して

怒られながらも修正、

対策を繰り返して

技術を高めて行きました。

 

こうした努力を積み重ねて

毎月給与という対価を得てきたんです。

他の業界も皆同じだと思います。

 

この記事を読んでくれているあなたも

今居る地位に至るまでは

決して楽して来たわけではないハズです。

 

日々苦労して時には怒られたり、

泣きそうになりながらも頑張って、

技術を積み重ねているハズです。

 

ではトレードにおける

地道な努力とは何か?といいますと

トレード日記をつける事です。

 

大事な事なので

このブログ内では

何度も出てくるフレーズだと思いますが

それくらい大事な事なんです。

 

トレードをしたら

なぜここでトレードしようと思ったのか?

この時の相場の状況はどうだったのか?

利益と損失額はいくらを見込んでいたのか?

その時のチャートを印刷しておく等、

後になってその時の

トレード状況や環境を

振り返れるようにする

という作業の事です。

 

証券会社でトレード履歴を見るというのは

ただ結果として儲かったのか

損したのかが出てくるだけなので

なぜトレードしようと思ったのかが

思い出せないからこれではいけません。

 

プロトレーダーに言わせれば

これは経験値が溜まらない行為です。

 

トレードで本当に稼ぎたいと思っているのなら

トレードする度にこれらの事をする必要があります。

確かにこと細かに詳細を書くのは面倒です。

 

ですがこれ以外に

トレードが上達する道は無いのだそうです。

 

プロはお金を稼ぐもので、

お金を払っているならば

それは趣味の世界でアマチュアです。

 

トレード日記をつける事は

プロは皆やっている事です。

 

こうした経験値を溜めていく事で

自分のトレードを客観的に見る事が出来ます。

そうして溜めていった中から

自分の得意な相場、

苦手な相場が分かってくるようになります。

 

トレード収益をトータルでプラスに持っていく

有効策として損失を小さくする、

負けトレードを無くすという

2つがありますが

自分の苦手な相場が分かれば

その時はトレードしないという事にすれば

負けトレードが無くなるので

トータルでプラスにする可能性が

格段に上がるはずです。

 

収益が上がるようになってから

もっと収益を上げる方法として

自分の得意な相場では

ロットを増やしたり、

勝率の悪い相場では

ロットを減らす等の

レバレッジ調整という

テクニックが出てきますが

それらは全て自分のトレードの特性が

分かってから行うものです。

 

自分のトレードを確立し、

強みと弱みを把握するという

しっかりした土台が出来てから

テクニックという飾り付けに走りましょう。

 

土台のしっかりしていない所に

家を建てても倒壊する危険を孕んでいるだけですし、

そもそもそんな危険な家に

住もうなんて思わないですよね^^

 

「知彼知己 百戦不殆」、

「不知彼不知己 毎戦必敗」と

孫子も言っております。

 

相場から利益を得続けようと思うならば

ぜひトレード日記をつけて

自分の特性を理解する事をお勧めします。

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください