プロとアマチュアの違い

孤高のトレーダーSYUです。

これは私がプロトレーダー主催の高額な

トレードセミナーに参加した時に聞いた話で、

個人投資家必見の内容だと思ったので

当時のノートを見返しながら記事にしました。

<注意>

一応、セミナーの内容をそのまま記事にしましたが、

これだと職業がプロトレーダー以外は

全て相場で負けているという事になってしまい、

相場からしっかり収益を上げている

専業トレーダーや個人投資家に

失礼だなと思いましたので

プロトレーダーの部分は勝ち組トレーダー、

アマチュアトレーダーの部分は

負け組トレーダーと読み替えて下さい。

プロトレーダーとアマチュアトレーダーの違い

プロトレーダーとアマチュアトレーダーの違いについて、

決定的に違うのは相場の動きを読む

という事に対しての経験値だそうです。

 

プロトレーダーはトレードをする度に

経験値が溜まっていくが、

アマチュアはいつまで経っても

経験値が0のままだという話を聞きました。

 

もう10年位前に

「KY」という略語が流行っていましたが

この話を聞いて私はまさしくKYだと思いました。

 

さてこの「KY」ですが

知らない人のために解説しますと

KYのKはローマ字読みした場合の

空気の頭文字KでYは読めないのYという事で

空気読めない = uukiomenai

これを略してKYという事です。

 

で、この「KY」とトレードが

どう関係するのかというと

プロトレーダー達は

相場のトレンド状態を読んで

どこで仕掛けようかと虎視眈々と

そのタイミングを狙っているものですが

プロトレーダー達は相場の空気が読めるのです。

 

それに対してアマチュアトレーダーは

相場の空気が読めない・・・

 

空気が読めないからこそ

やっちゃいけない事を平気でやってしまうし、

性質が悪いことにそのやった事が

良いかどうかもわからない。

 

だから反省も出来ないから

改善もしないのでまた同じ事を繰り返してしまう。

さらに性質が悪いことに

そのやってはいけない事で

利益が上がる場合があるため、

ますますそのトレードが失敗だとわからない。

 

まさに悪循環ですね。

これを改善するには

日々のトレード日記をつけるのが

有効だと言われています。

 

自分がどういう時にトレードをしているのか?

どういった状況で負けているのか?

逆に勝ったトレードはどういう時なのか?

自分のトレード履歴から

これらをよく調べて見ると良いそうです。

 

有名な所で孫子の兵法にも

「敵を知り、己を知らば、百戦危うからず。」

という一節がありますね。

 

まさにこれです!

自分のクセを知っておく事が

勝つトレーダーの第一歩なのだそうです。

 

とは言っても残念な事に

負けるトレーダーは面倒くさがって

こういう地道な努力をしないのだそうです。

 

だから負けて当然だと

プロトレーダーが言っておりました。

 

この話を聞いた時、

目から鱗でしたのでその日から

私もトレード日記をつける事にしました。

 

日々のトレード履歴の検証は

地味な泥臭い作業ですが

これはトレードで勝つために必要な作業です。

 

今現在相場で負けているけど、

本気でトレードで利益を上げようと思うのなら

ぜひこの作業を行う事をお勧めします。

 

勝ってるトレーダーは

それ相応の準備をしているけど、

負けてるトレーダーは

場当たり的で

トレードルールも何も無いから

適当な所でENTRYして大損する・・・

 

もし、負けてるトレーダーの行動をしているのなら、

この悪循環をまずは断ちましょう。

 

アマチュアトレーダーは

ポジションを取る前段階として

何かのトリガーに反応して

ポジションを取るが

この段階で利益確定のポイントはどこか、

どこまで行ったら撤退すべきかという事を

考えないでポジションを取ってから

「さて、どうしよう?」と

考える習性があるのだそうです。

 

悪い言い方をすれば、

無計画という事です。

 

これは私にも経験があるので、

プロトレーダーから話を聞いていて

耳が痛くなる思いをしました。

 

一方、プロトレーダーはどうしているのかというと

ポジションを取る前段階では

現状の相場はこれまでの

経験則に当てはまる相場状態なのか?

ここでポジションを取ったら

どこが利益確定のポイントで

どこまで行ったら撤退なのかを

じっくり検討してから

ポジションを取るのだそうです。

 

その際、自分が立てたトレードプランを

紙に書いて

客観的に何度も見直してこれで大丈夫!

となったらやっとポジションを取るそうです。

 

つまり、ポジションを取ってから

決済に至るまでの過程が

全て計算されているという事ですね。

 

アマチュアトレーダーは

無計画であるのに対して

プロトレーダーは計画的なのです。

 

そしてここが大事なところなのですが、

今「プロトレーダーは計画的」という

表現を使いましたが

この「計画的」には

大事な意味が込められています。

 

話はちょっと変わりますが

ある会社の社長が

今年度の収益は

前年度の10倍にするという

事業計画を立てたとしましょう。

 

さて問題ですが

この会社は今年度の収益を

前年度の10倍にする事が

本当に出来るのでしょうか?

 

現実的に考えたら

10倍にするなんて事はまず無理でしょう!

10~20%UPというラインが

現実的なのではないでしょうか?

 

それを100倍とか1000倍とか

あり得ない夢の話を言い出した日には・・・

この社長正気か?

頭おかしいのでは・・・

何か非合法な事をしでかすのではないか?

と思わないでしょうか??

 

この例え話を「投資」に

置き換えてみると巷にあふれているのは

数年で●万円を●億にする●●投資法とか

●億稼いだ勝率●%の●●投資法とか

あり得ない内容の

オンパレードなのではないでしょうか?

 

確かに唯の一度も負けないトレード方法が存在し、

ずっと利食いでトレード出来たのなら

数年以内に数億円という大金を稼ぐ事は可能でしょう。

 

ですが、

短期間でそうした大金を稼ぐという事は

それと同じくらいの損失を被るリスクも

背負わなければならないと

自覚しなければなりません。

 

会社の収益の例えに当てはめるならば

収益を10倍にする100倍にするとなれば

違法まがい(というか違法?)の事を

しなければ到底達成出来る数字ではなく、

法を犯したならば

それ相応の報いが下るのが

世の中の常なのではないでしょうか?

 

どこどこ産と表示を偽って売ったり、

賞味期限切れの原料を使ったり

という事が社会問題になりましたね。

 

会社の信用を失って

二度と取引してもらえない、

逮捕されるという

一歩間違えば破滅するような

行為をしてまで大金を稼ぎたいのですか?

 

会社の事業計画を例に取って

話をしましたが

プロトレーダーが言っていた

「計画的」である事の中には

現実的に達成出来る

という意味も含まれています。

 

だからプロトレーダー達は夢は見ないし、

必要以上にリスクは取らないのです。

 

彼らは夢を見る事は

現状を余計悪化させる行為だとわかっているし、

リスクを取れば取るほど

破滅に近付く事を知っているのです。

 

プロトレーダー達は

どんな時でも計画的にトレードし、

大きなリスクは絶対に取らない

という事を徹底していました。

 

このセミナーの内容が

皆さんの参考になれば幸いです。

 

無料相談受付中です


もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください