暗号通貨は国民のお金

孤高のトレーダーSYUです。

暗号通貨は国民のお金だと語る

『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者として知られる

ロバート・キヨサキ(Robert Kiyosaki)氏の

記事を見つけましたのでシェアして行きたいと思います。

 

ロバート・キヨサキとは

アメリカ合衆国出身の実業家であり、

投資家、金融リテラシー活動家、金融コメンテーター、

モチベーショナル・スピーカー、セルフヘルプ著者といった

幅広い顔を持つ世界的にも有名な人物です。

 

日本でも『金持ち父さん、貧乏父さん』は売れている本ですし、

yahoo等のポータルサイトの

金融関連記事のコラムとしても紹介されているので

ロバート・キヨサキ氏の名前を

聞いたことがある人も多いかと思います。

 

全世界で3,200万部発行された著書

『金持ち父さん 貧乏父さん』シリーズの著者である

ロバート・キヨサキ氏が

暗号通貨の熱狂的な支持者であるという点においても

何か運命的な物を感じましたので

今回記事を書こうと思いました。

 

そもそも私が投資の世界を知ったキッカケとなったのは

元同僚に『金持ち父さん、貧乏父さん』を勧められて、

著書内で紹介していたキャッシュフローゲーム会に参加して、

いかにして一般人が金持ちになっていくかというプロセスが大変面白く、

自分も出来ることから始めて見ようと

株式投資を行ったのが投資家デビューの始まりでした。

 

もし、私が『金持ち父さん 貧乏父さん』を知らないで

今までの人生を過ごしていたならば、

投資の世界や世の中で起きている事に無関心のまま、

会社の歯車(社畜)として

日々の激務に不満を言いながらも

少ない給与に我慢して細々と暮らしていた事でしょう。

 

だからこそ複数の収入源を持つ必要があるのだという

彼の考え方は私の中では革命的な出来事であり、

自分の親兄弟、親戚、友達とこれまでの交友関係の中で

誰一人としてこの事実を指摘する人が皆無であったのもあって

『金持ち父さん 貧乏父さん』に非常に感銘を受け、

読んだ日からただ流されて生きる人生を辞めて

真剣に自分の人生を考えるようになった事を今でも覚えております。

 

『金持ち父さん 貧乏父さん』をまだ読んでいない人がいるなら

是非1度読んでみることをお勧めしますが

結構分厚い本なので読んでいる時間が無いという人は

以下の記事で要点だけ抑えておくのもありかと思います。

金持ち父さんの3つの基本の教え

暗号通貨は国民のお金

ロバート・キヨサキ氏は

ビットコインやイーサリアム、

リップルなどの暗号通貨は

「国民のお金」だと語り、

近い将来に暗号通貨が

法定通貨に取って代わると主張しているようです。

 

世の中には3つのタイプのお金があり

1つ目は法定通貨である「政府のお金」、

2つ目は金や銀など「神のお金」、

そして3つ目は暗号通貨など「国民のお金」と解説した上で、

金や銀、暗号通貨がドルに取って代わり、

それに伴って金融市場では

これから史上最大の暴落が起こると

ロバート・キヨサキ氏は説明しているようです。

 

それぞれについて詳しく解説したのが以下になります。

政府のお金

ドルやユーロ、円などの法定通貨であると

説明するロバート・キヨサキ氏は、

それら政府のお金は「危険にさらされている」と語っています。

 

その理由として政府の裁量で

自由にお金の流通量が変わってしまうからです。

 

投資についての勉強を十分していれば

金融政策について触れる事があり、

これから何を言おうとしているか

ご存知の方も居ると思います。

 

ようは好景気の時は政府は財政支出を減らし(公共事業をおさえる)、

増税を行うのが基本的な財政政策となり、

日銀は売りオペレーションを発動し、

国債と引き換えに通貨を市中銀行から吸収した結果、

通貨量が減り、不景気に向かう。

 

逆に不景気の時は財政支出を増やし(公共事業を活発にする)、

減税を行うのが基本的な財政政策となり、

日銀は買いオペレーションを発動し、

国債と引き換えに通貨を市中銀行に放出した結果、

通貨量は増えて、好景気に向かう。

 

以上が経済学における各景気においての

政府、日銀の基本的な政策の有り方となっていますが

現在の政府、日銀は不景気であるのに

ジャブジャブ国債を発行して

景気の政策を行っているので

一部の経済学者から非難を浴びているようです。

 

神のお金

金と銀は地球上に存在する量が決まっているので

何人にも操作出来ないという厳然たる事実があります。

 

それゆえに希少価値が高く、

紛争の多い海外では有事の際には

金の指輪やネックレスを身につけて他国に逃亡し、

逃亡先で換金すれば無一文にならずに済み、

当面の生活が保証されるという文化があるので

金持ちが高価な物を身につけるのは

伊達や酔狂では無いという理由があるため、

ロバート・キヨサキ氏は有事に備えて

金と銀を大量に保有しているそうです。

 

ロバート・キヨサキ氏はコラムの中で

何度も有事に備えて金と銀を保有するように警告しています。

 

また、一週間分の水と食料を備蓄するような記事も何度か見かけました。

平和な島国である日本では考えられないですが

海外では不景気になると暴動、略奪が

当たり前に起こるので

こうした事態に備えて常に準備しているのだそうです。

 

冗談で言っていると思いますが

不景気の際の来訪者には

猟銃や防弾チョッキ等で重武装した状態で

対応しますと言っている記事もありました。

 

金融市場の暴落は必ず起こると言い続けているので

半ば狼少年のように扱われているロバート・キヨサキ氏ですが

近年では世界3大投資家の一人である

ジム・ロジャーズ氏も金融市場の暴落に危機感を示しているようです。

 

ジンバブエの例を想像すると納得出来ると思いますが、

政府のお金は国が存在する限り有効ですが

金と銀は例えゴキブリが絶滅したとしても

その両方が存在するとロバート・キヨサキ氏は言っております。

 

これはつまり、金と銀のような美しい鉱物を

創造した神様からの贈り物で

本質的に永遠の存在であるということです。

 

国民のお金

暗号通貨も金や銀と同様に発行枚数が決まっているため、

第三者が都合の良いように改ざんする事は

ブロックチェーン技術により不可能に近いこともあって、

時の政府の都合の良いように操作出来ない

堅牢な設計と使用者全員で監視できる体制は

最終的には金や銀、そして暗号通貨が

米ドルの変わりになることだろうと説明しています。

 

ビットコイン(BTC)が

米ドルの供給量を越えるためには21万3000ドルをつけるか、

ネットワークの決済能力を劇的に改善しなければならない

という報告をスイス最大手の銀行であるUBSが発表しています。

 

暗号通貨投資を行なっている

世界の大物投資家達は、

ビットコインの価格がさらなる高値を更新すると予測しています。

 

某大手ヘッジファンドでも

これからビットコインの価格が

さらなる高値を更新すると予測しています。

 

機関投資家や投資銀行も

暗号通貨投資には意欲的だと聞いています。

 

また、暗号通貨は人類にとって危険だから消滅させると主張する

自称未来人の話も妙に現実味があって話題になった面白い記事がありますが

現在までこの未来人の話は全て的中していますし、

投稿自体は5年前の2013年となっている事もあって、

もしかしたら本当にそうなるのではと

淡い期待を抱く暗号通貨投資家も多いことでしょう。

 

ちなみにこの未来人は

2019年にはビットコインの価格は10万ドル(約1000万円)、

2021年には100万ドル(約1億円)になると言っていて

一般人は0.001ビットコインしか持てない時代になると語っているようです。

未来人の話はこちら

しかしながら現状は

世の中の圧倒的多数の人は法定通貨のみがお金であり、

暗号通貨なんて詐欺だ、

怪しいという現金主義者ばかりで、

特に高齢者程この傾向が強く、

暗号通貨が世の中に浸透して

その辺のお店でも普通に決済できるようになる日は

まだまだ遠いですが、

このような未来が本当に来るのか来ないのかは誰にもわかりません。

 

世界で見ればほとんどの国が

キャッシュレス化に成功している中で

日本だけは現金主義者ばかりなため、

世界から取り残されてガラパゴスと化しているそうです。

 

日本では買い物時の決済手段は主に現金であり、

クレジットカードや電子マネーを使用するのは

全体の18%程度のようで、

暗号通貨の口座開設率に至っては

2.2%程度と非常に低いという報告もあります。

 

こうした状況を踏まえて

政府は2025年に開催される

大阪・関西万博に向けて

キャッシュレス化を目指しているようです。

 

一部の噂では

2020年の東京オリンピックまでに

半分程度の国民に

キャッシュレス化が普及しているだろうという節もあるようで、

オリンピックにしろ万博にしろ

世界中から大勢の人が日本を訪れたときに

キャッシュレス化出来ない遅れた国という事が

世界的に露呈してしまう事を

政府は恐れているようです。

 

ロバート・キヨサキ氏の予言通り、

今後、法定通貨の価値が下がり、

暗号通貨に置き換わる世の中に

変化していくのかどうかは

誰にもわからない神のみぞ知る世界ですが

その時が来ても後悔しない選択肢を

選んでおきたいものです。

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください