相場は人生の縮図である

億り人トレーダーSYUです。

これは私がプロトレーダー主催の高額なトレードセミナーに参加した時に聞いた話で、個人投資家必見の内容だと思ったので当時のノートを見返しながら記事にしました。

相場は人生の縮図

突然ですがあなたは何のためにトレードをやっていますか?

お金のためですか?相場を張る事が好きだから?チャートを見てるのが何よりも好き?

人によって理由は様々でしょうがやはり一番の理由はお金儲けをしたいからだと思います。

 

今日はこれだけ稼いでやるんだ!このトレードで●万稼ぐぞ!目標は日給●万って壁に貼っている人も居るかもしれませんね。

でもこうしたマインドで相場に挑むと必ず負けますとプロトレーダーに言われました。

 

相場は難しいものでトレードでこれだけ稼いでやると思えば思うほど、自分の欲を出せば出すほど負ける・・・

 

それはこうした心理状態が大衆心理そのものだからなんだそうです。

 

今日はこれだけ稼いでやるんだ!このトレードで●万稼ぐぞ!目標は日給●万というのは全てあなたの都合です

 

そんなことはお構いなしに相場は動きます。

 

トレンドフォローで稼ぐというスタイルのトレーダーは相場にトレンドが出なかったらどう足掻いたって稼げません、無理です。

 

レンジ相場が続く状況では黙って見ているしか手が無いんです、トレンドが出てくれるまで相場を見守る事しか出来ないんです。

 

トレードの利益は相場が稼がせてくれるものなんだと教えてくれました。

 

待つも相場という相場格言もあるように自分が利益を出し易い相場環境になるのをじっと待つ事がとても大事だという事です。

 

しかし、人間というのは欲深な生き物だから自己都合を優先して自分に都合の良い未来を想像してしまうものです。

 

今から10年程前の話ですが2007年にサブプライムショック、2008年リーマンショックという名の世界的な金融危機および世界同時不況が起こりました。

 

当時の相場関係者は日経平均が10,000円を割ることは無いだろうと予測していたらしいですがその予測は見事に大外れし、バブル経済崩壊後の最安値まで更新して6,994.90円という値段まで落ちてしまいました。

 

一部の相場関係者はこれはチャンスと見て家や土地を担保にお金を借りて全力で株や先物を買い支えたと言いますがその予測や期待は見事に裏切られ大多数の人が破産したという事でした。

 

バブル経済史上最高値38,957.44円という時代を知っている人からすれば10,000円を割るなんていう事態は有り得ない事だったのでしょうがこの想定外が現実に起こってしまったのです。

 

ここでいう相場関係者とは株式評論家やアナリストといった相場分析を生業とするプロだったと聞いています。

 

相場に関わって何十年とかの百戦錬磨のプロの予測ですらこんな大惨事になってしまうのです。

 

この人達はどうして損切りが出来なかったのでしょうか?欲に塗れた人間は周りの声が聞こえなくなると言います。

 

この相場で破産した人達は百戦錬磨のプロですから自分の相場分析に確固たる自信があったのでしょうし、プライドも持っていたと思います。

 

家や土地を担保に借金しているという事もあって尻に火が付いた状態で引くに引けない状況だったという事もあったと思います。

 

こんな事になるハズがない。こんな事になったら日本経済が大変な事になる、政府や日銀が何とかするハズだ・・・

そんな思惑とはお構いなしに相場は動きます。

 

いつだって常に正しいのは相場であり、ここに個人の予測や期待、希望を入れてしまうから可笑しな事になる・・・

相場に対して正しいスタンスを取らなければ利益を上げる事は出来ないので自分の考え方を捨てなければならないのだそうです。

 

その一番の近道が予測をしないということでした

 

相場とは人生の縮図であり、全てが欲の塊である。

 

相場参加者は勝とうという欲望を持って相場にぶつかって来るので例え短期間のトレードであってもその間に人生で味わう紆余曲折を経験します。

 

時には挫折感を味わい、時には上手く行った喜びを味わい、全てを失う喪失感や焦りの焦燥感、先の見えない不安と恐怖・・・

トレード中にこうした人生を垣間見る疑似体験をします。

 

これまでの人生において全てが自分の思い通りになった事はありますか?

全ての事象が自分の思い通りに進むのならばそれはどこかの国の王様とか権力を掌握した独裁者といった一握りの特別な人種だと私は思います。

 

残念ながら私達は凡人で、自分の思い通りに事が運ぶなんて毎回ありません。

 

人生は思うようにいかない事ばかりで常に不本意の連続です。

時には全く理不尽な酷い仕打ちをされる事だってあります。

 

これは仏教の世界の逸話だそうですが人間が泣きながら生まれてくるのは何もかもが自分の思い通りに行かない世の中が怖くて嫌で泣くのだと言います。

それでもこうした困難を一つづつ乗り越えて少しづつ賢くなる魂の修行の場が現世という事らしいです。

 

ちょっとトレードと関係無い話に脱線しましたが相場に個人的な願望を込めた予測は厳禁だということです。

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください