負けトレーダー程高勝率

孤高のトレーダーSYUです。

トータルで損をしているトレーダー程、

勝率が高い傾向にある事について

お話したいと思います。

負けトレーダーは高勝率

まず、トータルで損をしている

トレーダーに多いのは

コツコツ稼いでドッカーーーンと

大負けする典型的なパターンがあります。

 

そして資金は数十万円という

少額の軍資金だったり、

通貨ペアはGBP/JPYを

好んでトレードしたり、

スキャルピング等の

短期勝負に拘る傾向があります。

 

目標として一日●●万円稼ぐ、

月に●●万円稼ぐという

ノルマを決めていたりもします。

 

この中で一つでも

当てはまるものがあるとするなら

精神的に余裕のない状態なので

トレードで失敗する可能性が

極めて高いです。

 

まず軍資金が

数十万円でトレードしている

人に限ってハイレバレッジの

勝負をしている場合が多いです。

 

FXでは1万通貨でのトレードが

最小単位だったので

1万通貨でのトレードを

当たり前のようにしているかと思いますが

これはマネーマネジメントの観点から言って論外です。

このような人は

トレードすべきではありません

(トレードする資格が無い)。

 

なぜなら1万通貨で

1円(100pips)負けると

10万円の資金の人は

総額の10%程度が

飛ぶことになるからです。

 

一回のトレードで

総額の10%を無くすなんてのは

無謀なトレードをしている証拠です。

ましてやGBP/JPYで

トレードしていればなおさらです。

(1円なんて簡単に動きますから・・・)

 

こういう人は5,000円でも

利益が出ればすぐに

利益確定してしまう事でしょう。

 

負ける時は数万円で

利益は数千円なんですから

よほど高い勝率でなければ

トータルでプラスになる事はありませんし、

負け込んでいる時ほど

早く取り返そうとして

2、3万通貨にする等して

さらにハイレバレッジの

勝負になってしまうという

悪循環に陥ってしまいがちです。

 

こうなってくるとトレードではなく、

もはや博打も同然なので

利益が出ようものなら

速攻で利益確定に走るでしょう。

 

少額の軍資金の人は

こうした余裕の無さが

ハイレバレッジの勝負や

短期勝負に拘る原因じゃないかと思います。

 

次にGBP/JPYでトレードする人ですが

なぜGBP/JPYでトレードするのでしょうか?

 

一番の理由は値動きが激しいから

短期間に利ザヤを稼げるという事でしょう。

 

だとするならどうして

「短期間に利ザヤを稼がないといけない」

のでしょうか?

 

短期間に利ザヤを稼がないと

いけない理由があるのですか?

 

目標として「一日●●万円稼ぐ」

と決めているトレーダーなら

短期間に利ザヤを稼がないと

いけない理由にはなりますが

ではどうして

一日●●万円稼がないといけないのか?

という話になります。

 

一日●●万円稼がないと

いけない理由は何ですか?

何のために

一日●●万円稼がないといけないのか

明確な理由があるのですか?

 

もし、あなたが一日●●万円稼ぐ、

月に●●万円稼ぐという

ノルマを決めているのだとしたら

その理由をよく考えておいて下さい。

 

最後にスキャルピングや

デイトレードといった短期勝負をする人ですが

どうしてこのタイプの

トレードスタイルを採っているのでしょうか?

明確な理由を他人に説明する事が出来ますか?

 

もし出来ないのだとすれば

トレードを止めて

一度じっくりと

トレードスタイルについて

考える必要があります。

 

トレードを始めたきっかけが

書店にあった本で、

その本がスキャルピング、

デイトレードを勧めていたというのも

理由にはなりますが、

それは他人が成功した方法であって

あなたには合わない可能性があります。

 

人それぞれ生活環境、

生活スタイルも違いますし、

これまでの人生で

形成された性格そのものが

他人と全く異なるのですから

万人が成果を出せる

マニュアル的なトレードスタイルは

無理があるんじゃないかと思います。

 

そもそもトレードという行為自体が

ゼロサムゲームなので

全員が儲かるというのは

本質的に不可能です。

 

こうした真実が

本に書いていないのも問題ですが

何れにしても

トレードスタイルというものは

自分の性格、生活環境、生活スタイルを

加味したものでなければ

長く続けることは出来ないと思います。

(こうした事も本には載っていない・・)

 

自分の事を知らないで

戦をすれば必ず負けると

孫子も言っております。

 

将来は利益の出せるトレーダーになるために

今年のトレード1つ1つを

振り返ってみるのも良い機会だと思います。

 

少額資金なのに

いつも1万通貨で

トレードするのはどうしてなのか?

 

一昔前と違って

今は1,000通貨でも

トレード出来る時代です。

それなのに敢えて

1万通貨にする理由は何なのか?

 

GBP/JPYを好んで

トレードしているのなら

それはどうしてなのか?

なぜGBP/JPYに拘るのか?

他の通貨では駄目なのか?

自分のトレードスタイルが

スキャルピングであれば

それはどうしてか?

なぜデイトレードに拘るのか?

トレードの勝率に拘るのであれば、

それはどうしてなのか?

勝率が高くないといけない

理由は何なのか?

 

これらの事に思い当たる節があるのなら

よく考えてみると良いです。

 

実はこれらには全て

「ある事」が関係しています。

その「ある事」を知らない限り、

恐らくトレードで大成する事はないでしょう。

 

負けトレーダーに共通する「ある事」とは

これら全てに関係する

その「ある事」というのは

【自己都合】です。

 

自己都合を前提に

トレードすると負けます。

 

トレードは相場の都合に合わせなければ

利益は上がらないものなのに

自己都合でやっているから駄目なのです。

 

なぜ自己都合ではいけないかという

理由として自己都合でトレードすると

集団心理に陥り易いという傾向が高いからです。

 

感情に揺さぶられて

物の本質を見抜けなくなってしまうためです。

 

GBP/JPYに拘って

短期間に利ザヤを稼がないと

いけないのはどうしてですか?

それはあなたの都合ではないのですか?

あなたの都合は相場には

全く関係無い事です。

 

一日●●万円稼がないといけない、

月に●●万円稼がないといけないのは

あなたの都合であって

相場には全く関係無い事です。

 

スキャルピング、デイトレードで

てっとり早く利益を得たいのは

あなたの都合であって

相場にはどうでも良い事です。

 

勝率に拘るのだって

ハイレバレッジの勝負をして

てっとり早く大金を得たいという

心理状態から来ているのだと思いますが

てっとり早く大金を得たいのは

あなたの都合であって

相場には全く関係無い事です。

 

少額資金なのに

マネーマネジメント等の

リスク管理も考えずに

1,000通貨でトレードしないのは

1,000通貨で勝っても

儲けが少ないからという

理由からでしょうが

それはあなたの都合であって

相場には全く関係無い事です。

 

あなたが儲かろうが

損しようが相場は

お構いなしに動きます。

 

そもそも実力も無いのに

ハイレバレッジの一発勝負をするんですから

やっぱり博打を打っているのと同じ状況です。

 

それに性質が悪い事に相場の世界では

儲かっている過程が見えるので

なおさら集団心理に陥り易く、

コツコツ稼いでドカーンと

やっちゃうのは

これが最たる理由なんだろうなと

個人的に思っております。

 

今回お話した自己都合・・

その裏にはてっとり早く

大金を得たいという

心理状態が見え隠れしていると思います。

 

てっとり早く大金を得るためには

ハイレバレッジの勝負をする必要があり、

そのためには勝率の高い

トレード方法を取り入れる必要がある

という構図が出来ているんじゃないかと思います。

 

だからこそ

負けトレーダーであればある程、

高い勝率のトレード方法を駆使して、

ハイレバレッジの勝負をして

さらに負けている・・・

それが実情なのではないでしょうか?

 

勝率の高いトレード方法を

取り入れるにしたって

書店で買える本ではなく、

インターネットが普及した現代では

詐欺的な内容である場合が多い、

情報商材から

知識を得ている人も少なくないはずです。

 

情報商材は市販本の

数十倍の値段のするとても高価なものです。

 

ここに大事な虎の子を取られて、

さらにトレードで失敗する・・・

 

この失敗を挽回するために

またハイレバレッジの勝負をやってしまう・・・

 

市販本、情報商材は

次から次から出てきます。

 

あの手この手で、

いかにも簡単に稼げるような

魅力的な文章でカモを誘って来ます。

 

今年も来年も

●●トレード法は出てくることでしょう。

ホントにキリが無いです。

 

しかも市販本にしろ情報商材にしろ

販売する側としては

基本的に商品自体が売れてくれれば

あなたが儲かろうが損しようが

どうでもいいのです。

 

これはプロトレ-ダーの

セミナーで聞いた話ですが

現在投資系の出版業者は

ネタに飢えているらしいです。

 

なので数カ月で数千万稼いだ投資法!みたいな

簡単!儲かる!的な

いかにも売れそうな内容の原稿を持ち込んで、

証拠となるトレード履歴なんかもあれば

即採用されて即出版となり

一躍有名人になれる可能性があります。

 

文才やネタのある人は

自分で精神を磨り減らしながら

トレードするよりは

こちらの方がよっぽど楽に儲かりますね。

 

現在本を出している方々は

印税等で暮らしているでしょうから

わざわざ自己トレードして

リスクを背負わないんじゃないかと思います。

 

トレードしている人間だからこそわかる

トレード中の精神的な苦痛・・・

先の見えない不透明感から来る恐怖、

損失を被っている間の

得体の知れない不安感や

日々戦々恐々とした

精神状態から来る心細さ、

損失が膨れ上がっていく様を経験すれば

まるで生き地獄を味わうかのような

自分だけがどこか遠くに

取り残されたような気持ちになり、

早く楽になりたい、

誰かに助けて欲しい、

何かにすがりたいと

気弱になる様を

少しでも知っているのなら

将来安泰な地位に居るのに

わざわざリスクを犯す

必要性がない事が理解出来ると思います。

 

ハイレバレッジの博打を繰り返していては

いつまで経っても同じところを回っているだけで

自分が目指すゴールには辿りつけません。

さあ、もう目を覚ましましょう!

短期間に楽して大金を得る事は幻想なんだと。

 

確かに短期間に大金を得た人も居ますが

それは一握りの天才と

幸運に恵まれた人なんだと割り切りましょう。

プロトレーダー達のバイブル

時間がある方は

プロトレーダー達の

バイブル的な存在である

「マーケットの魔術師」

も読んでおくと良いでしょう。

 

この書籍にはトレードで

億万長者になったトレーダー達の

失敗談ばかりが延々と記述されております。

今回の記事の内容と被る部分が多いですが、

トップトレーダー達の失敗から学んで

負けトレードを減らす事は利益に繋がります。

 

大型の書店に置いてある

確率は高いので

見かけたらチェックする事をお勧めします。

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください