プロは大きなリスクを取らない

孤高のトレーダーSYUです。

これは私がプロトレーダー主催の

高額なトレードセミナーに

参加した時に聞いた話で、

個人投資家必見の内容だと思ったので

当時のノートを見返しながら記事にしました。

 

今回はプロトレーダー達が

なぜ大きなリスクを取らないのか

についてお話したいと思います。

プロは大きなリスクを取らない

トレードにおいて

大きなリスクを取ると

どうして破滅に近付くのか?

その原因は実は

人間が持っている感情にあるのです。

 

まず、人間は感情の動物と言われています。

それは理性よりも

感情の方が強いため

そのように言われるようです。

 

人間は感情をコントロールすることが

出来るはずなのですが

大抵の人は

自分の感情のおもむくままに行動し、

後で自己嫌悪に陥る

という事はよくある話です。

 

トレードにおいても

どうしてここで買ったんだろう?

売ったんだろう?

どうしてこんなところで

利食いしたんだろう?

なぜここで損切り

しちゃったんだろう?

という体験がありませんか?

 

これは上述の通り、

感情でトレードした結果、

自己嫌悪に陥るという

典型的なパターンです。

 

感情的になって

トレードした結果が

どうなるかわかっているから

彼らは機械のごとく

ルールに従って淡々と

トレードをするのだそうですが

ようするに人間の感情は

トレードにおいて

悪影響しか及ぼさないというわけです。

 

そしてトレードにおいて

大きなリスクを取った場合、

人間の感情がどうなるのか?

といいますと非常に感情が揺さぶられます。

 

私も過去に

株のトレードで苦い経験をしましたが

ある一定の含み損を抱えると

奴(感情)は動き出します。

 

この時点で

理性ではもうわかっているのです!

撤退しなければ!!と。

 

しかし奴はそれを拒絶します。

そしてあり得ない夢の話を囁きます。

 

もう少し待てば

相場が回復するはずだと・・・

(何の根拠もなしに)

そうこうしている間に

相場は下がり続けますが

奴は絶対に損切り

という行為を許しません。

 

奴は意地になって

多少利益が出るまで

絶対にポジションを

決済しようとしないのです。

 

客観的に見れば

明らかに不利な状況なのに

奴はさらに

あり得ない夢の話を囁きます。

 

ここまで下がったんだから

もう相場は回復するはずだと・・・

(やはり何の根拠もなしに)

 

そんな奴の願望も虚しく

間もなくセリングクライマックスが訪れます。

 

結局、マージンコールがかかり

大きな損失を出して相場から敗走・・・

 

これはアマチュアが負ける

典型的なパターンですと

耳にタコが出来るくらい

プロトレーダーから聞いています。

 

私も何度もこんな経験をして来ましたが

その度にもうこんな事は絶対にしない!

と誓ったにも関わらず、

この典型的な負けパターンを

繰り返してしまうのは

言うまでもなく

自分の感情がそうさせているのです。

 

相場というのは

金融工学、

人間心理学の観点から

まともな人間では

勝てないように

うまく考えられているらしいです。

 

自分の資金量に対して

大きなリスクを取ると

やはり感情が動き出します。

 

利益が出れば

すぐに利食いたい衝動に駆られますし、

損切りは大幅に遅れます。

 

その結果どうなるかというと

コツコツ稼いで

ドッカーーーーン!!と負ける

俗に言う利小損大という事になるので

こんなトレードを

長く続ければ

資金はどんどん目減りしていき、

いつかおけらになります。

 

こうしたメカニズムを

プロトレーダーはよく理解しているので

自分の感情を抑えるために

大きなリスクは取りませんし、

感情でトレードしないように

機械的に作業する事に徹しています。

 

トレードとはある意味、

人間の本能との闘いでもあるので

非常に辛く厳しいものですが、

これを乗り越えた先に

これまでの苦労に報いるのに

十分な報酬が待っているので

当たり前の事が

当たり前に出来るようにして

おかなければいけません。

 

今回の内容についての

関連記事もありますので

気になる方は以下もご覧下さい。

プロとアマチュアの違い
トレーダーと自己規律

 

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください