投資関連書籍は無責任

孤高のトレーダーSYUです。

今回は巷の書店に溢れている

投資関連書籍は

いかに無責任であるか

についての記事を書きました。

 

海外製の本は

マシな物が多いのですが

日本製の本は

ほぼ全ての本が

無責任な事を書いておりますので

具体例を挙げて

無責任な理由について解説していきます。

 

投資関連書籍は無責任

書店にある大量の

投資関連書籍を見てみると

わかるのですが

数年足らずで

億万長者になるという類の本が

多数目につく事でしょう。

 

こうした本を何冊か見ていると

どれも似たような内容

である事にも気がつくかと思います。

 

大多数の書籍は

まず投資について基本的な事や

用語の説明、

証券口座の開設方法について

書かれていますが

これだけで書籍の半分くらいを

費やしてしまいます。

 

ここまでで肝心の

億万長者になる方法は

一向に出てきません。

 

次に出てくるのは

移動平均線やRSIといった

指標の説明です。

 

ここまでの内容は

中級クラスの投資家、トレーダーなら

よく知っている内容ですし、

WEB上に無数にある

投資関連サイトの方が

詳しく説明しているような内容です。

 

ここまでの説明が終わると

書籍のほぼ7、8割が

費やされてしまっていますが

もう終盤だというのに

肝心の億万長者になる方法は

一切出てきません。

 

ここからは書籍によって

まちまちですが

執筆者のセミナーに出席する事を

促すような事が書いてあるものだったり、

参考となるWEBサイトのURLが羅列してあるもの、

投資の教科書に載っているような

芸術的で素直な値動きのチャート上に

ここで買ってここで売るという

聡明な小学生でもわかるような事が

書いてあったりします。

 

こんな内容で

果たして誰もが億万長者になれるのか?

というと現実的に考えて無理でしょう。

 

もしこの内容が本当ならば

日本中に億万長者が

溢れ返っているはずですし、

TV、新聞等のマスコミで

大々的に取り上げられて

大騒ぎしているはずです。

 

本当に肝心なところは

お茶を濁したように

うやむやにされてしまっている

というのが現在

巷に出回っている投資本の姿です。

 

レベルが低いというか

個人投資家をバカにしているのか!

と怒りさえ込み上げてきます。

 

特に「ここで買ってここで売る」

なんていうフレーズを見ると

本当に腹が立ってきます。

 

それが分かれば誰も苦労しません!

 

巷に溢れている本には

トレーダーとして

本当に学ばなければならない事や

身につけておくべきスキルについて

書かれている本は

ほとんど無いというのが実情だと思います。

 

これは以前、

プロトレーダーから聞いた話ですが、

このプロトレーダーの元に

出版社から出版の話があったそうで、

書籍の構成の打ち合わせで

モメ事があったそうです。

 

楽をしてリスクも取らず、

短期で利益を上げる方法に

大衆の関心が集まるので、

こういう内容で

執筆して欲しいという

お願いをされたそうですが、

そんな方法は無いですよ、

もしあるなら

私が教えて欲しいです

と答えたそうです。

 

真面目なタイトルより、

毎日が給料日!とか

2年で億万長者!みたいな

煌びやかな興味をそそる内容でないと

本が売れないから

こんなタイトルばかりの書籍が

次から次へと出版されるというのが

出版業界の事情のようです。

 

この辺り話は

こちらの記事にも少し書きましたので

興味があれば覗いて見て下さい。

 

短期売買は儲からない?

 

彼らも慈善事業ではないので

売れない本を出す程

暇ではないという事でしょう。

 

ちなみにこのプロトレーダーは

バーナンキさんの執筆した書籍を

勧めていましたが、

この書籍を読めば

FOMCで彼がどんな発言をするか

事前に有る程度推測できるので

ファンダメンタル分析の一環として

一読の価値があるものでした。

 

投資の世界の基本として

覚えておいた方が良い事は

リターンが欲しければリスクを取る、

人より高いリターンが欲しければ

人より優れた分析を行うことが必要になります。

 

ですので

「短期間で1億円作る方法」

といった類の

無責任なタイトルの本には

近づかないことです。

 

私が思うに

巷にある本は

投資ではなく投機・・といいますか

ギャンブルトレードの本だと思っております。

 

現在はFXには

レバレッジ規制がかかってしまって

日本ではハイレバレッジを

掛ける事は出来なくなってしまいましたが、

短期的に爆発的に儲かる

なんている本を乱発して

売り煽っている出版社にも

責任の一端があるんじゃないかと思います。

 

そんな危険極まりない本を

何も知らない素人や

初心者に売っているのですから

ギャンブルトレードをした結果、

大損してしまう人が続出してしまうのは

予測できる事です。

 

海外では理論的な本や

システムトレードといった類の

投資書籍が多いので

ギャンブルトレードをする

素人や初心者は少ないのでしょうか?

レバレッジ規制が入っているのは

日本だけなので

海外の証券会社が

ここぞとばかりに

WEB広告を打っているのが目につきます。

 

資金管理やリスクの考慮等、

基本に忠実にトレードを行っているトレーダーは

日本でハイレバレッジの恩恵を

受けられなくなったので良い迷惑です。

 

短期売買が儲かると騒がれれば

短期売買の本を出し、

デイトレードが儲かると騒がれれば

デイトレードの本を出し、

CFDが流行ってきたとなればCFDの本、

現在であれば暗号通貨に関する書籍も

ここぞとばかりに出てますね・・・

 

日本製の投資本で

投資、トレードにおいて

本当に必要な本は97%無いと

プロトレーダーが嘆いていた事を思い出します。

 

投資で儲けている人の

生活習慣なんかを特集する本なんかもありますが

これはネタであって

トレードにおいて

大切な事を教えてくれる本ではありません。

 

プロ野球の選手で例えるならば

イチロー選手のフォームを真似たからといって

誰もがイチロー選手になれるはずがないですし、

イチロー選手の生活習慣を真似たところで

やはり誰もがイチロー選手にはなれません。

当然ですが

イチロー選手の使っているバットを持ったところで

4割近い打率を叩き出す事も出来ません。

 

こんな事は世間では常識(?)かもしれませんが

こと投資の世界では

そうもいかないようで

○億儲けたトレーダーは

こんなツールを使っていると聞けば

そのツールを使う人が増えてきて、

どこの証券会社を使っていると聞けば

その証券会社に口座開設をする・・・

これでは金鉱山の話と一緒です。

 

やはり企業って奴は

自分達が儲かるなら

何でもアリなのか?

と感じてしまいます・・

 

これと同様で

TV、ラジオとも

個人投資家のトレードスキルが

上達するような内容を

話しているはずもないので、

これではメディアやマスコミに

振り回されて

個人投資家は損失を

重ねる一方になってしまいます。

 

ネット上ではこうした事に

だんだん気がついてきた人達が

口を揃えてこういうそうです。

「増すゴミ」と。

 

確かにTV、ラジオでは

高額なセミナー、塾を

薦めるような事を

ほのめかしている事があり、

個人投資家のためになるような

内容ではないので

増すゴミと

揶揄されてしまうのも当然でしょう。

 

少し話がそれましたが

巷の書店に溢れている

投資関連書籍の儲かる系の本には

手を出さない方が無難だと思います。

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください