ICO詐欺蔓延中

億り人トレーダーSYUです。

今年は、ICO元年とも言われておりますので既にさまざまなICOの情報を耳にしているかと思いますが、その実態は限りなく詐欺に近い物だと言われています。

今回はICO詐欺やそれにまつわる話題について私の考えをシェアしていきたいと思います。

 

ICO投資の魅力

ICO投資の魅力は10倍、100倍、1,000倍などの爆上げ通貨に出会えるチャンスがあるという事だと思います。

 

情報源がしっかりしていて、投資先さえ間違えなければたとえ投資の素人でも想像を絶するレベルで資産を殖やすことができるところでしょう。

ICO投資では次の2つのポイントさえ間違えなければいいのです。

・ホワイトペーパーの読み方
・情報源

 

つまり、暗号通貨の勉強を全くしてなかったとしても高確率でビギナーズラック、ラッキーパンチを当てられるのがICO投資の醍醐味だと思います。

長引く不況で会社の給与が上がらないどころか下がる一方の不満だらけの今の時代に残された、誰もが時代の寵児になれるチャンスを平等に与えられた唯一の投資対象がICO投資だと思います。

 

実際にICO投資で10万円を2億にした人が本を出版しています。

著書の詳細はこちら

ICO投資の現状

2018年のICO調達額が現時点で2017年の2倍に達しているようです。

 

スイスのクリプトバレー協会と、PWCというコンサルティング会社が共同で発表したレポートによりますと2018年以降に申請されたICOの件数は537件で資金調達額は137億ドル以上になっているとの事です。

レポートの詳細はこちら

その一方で2017年のICO件数は552件で資金調達額は70億ドル程度だそうなので世界中の投資家がいかにICO投資に走っているかがうかがいしれます。

これからは大企業がICOに参入してくる可能性が高く、2018年はICOラッシュになって盛り上がっているので今年はICO元年と言われております。

だからこそICO投資は今が稼ぎ時なのですが、2017年のICOの半分は「失敗している」という報告も上がって来ているようです。

 

ここで言う失敗とは上場しなかったという意味で運営が資金を持ち逃げしたとかプロジェクトが頓挫したという事でぶっちゃけて言うと詐欺だったという事です。

私が所属しているICO投資グループの調査班に言わせると本来のICO投資とはホワイトペーパーを何度も読み返し、そこでの疑問点をプロ(専門家)に相談し、プロの意見を聞いて慎重に吟味した末にリスクを覚悟でやっと投資に踏み切るものらしいです。

しかし、多くの暗号通貨投資家は、ICOの情報をブログやyoutube等ネットで見たり、セミナーに参加して話を聞いたりすることで、すぐICO購入となってしまうようです。

ICO投資においてやってはいけないことは、ICO情報入手=即購入らしいです。

 

華僑やユダヤ人の大富豪等の投資が上手な人々は正しいマネー教育を受けていない日本人は投資が下手クソだと言っているようです。

多くの日本人は投資の入口は良くても出口戦略を考えていないため、投資で失敗しているという噂があります。

これはトレードにおいても全く同じ事で、トレードルールをしっかり決めていない、きちんと考えられていないことにあると思います。

 

youtubeを眺めているといろいろな暗号通貨投資家のチャンネルで買ったコインが値上りしないと不安を訴えている人が多いという話をしているのでやはりなぜそのコインを買ったのか明確な投資スタンスの無い人が多い証拠だと思います。

今年1月に起きたコインチェックのNEMハッキング事件を契機にビットコインを筆頭にほぼ全ての暗号通貨が半年に渡って下落しているので、一時的に爆上げしたICOコインも時間経過と共にICO価格割れしている状況ですから相談できるプロが居ない人が不安になるのも理解出来ます。

 

最近のICO投資案件

最近私が目にしたネット上の有名どころの人達が紹介するICO案件がありましたのでそれぞれ見ていきたいと思います。

youtuberの方々がその案件が詐欺ではないのかという動画を上げていましたので参考として乗せておきますのでyoutuberの方が指摘している点に注目して見ていただければと思います。

 

RADIAN

ネットビジネス界の女王と言われる蝶乃舞氏の案件のようですね。

このコインのセールスレターではビットコイン2,000円、リップル1円の時から仮想通貨を広めた張本人と謳っていますが私だってリップル1円台のホルダーですが少なくとも私はこの方の事は存じ上げておりません。

 

RADIANというコインのホワイトペーパーはPDF2ページ分しかない中身の無い薄い内容だとネットの有志の方が暴露していましたが、投資家が重視する事業計画書がそんなお粗末な内容では問題外で投資するに値しない案件だと私は思います。

 

160倍確定ICO

瀬尾恵子氏という元ゴールドマンサックスの凄腕アナリストという肩書きの主催者でしたが、ゴールドマンサックス本体から名指しで否定される人物という事で大炎上し、募集停止になった案件です。

 

絶対値上りするとか確定という単語を使って募集する事は誇大広告となり、金融庁で禁止している行為なので、そもそも論外ですね。

日本人は権威に弱いという特性を利用した詐欺だと私は思います。

今後このようなICOを見つけたら金融庁に通報、相談したら良いと思います。

こうした詐欺師が居るから暗号通貨は危険だという認識が世間に広まって普及しない=価格上昇しないのだと思います。

 

詐欺師を野放しにせずしっかり取り締まって貰って健全な市場になって欲しいといち暗号通貨ホルダーとして切に願います。

 

MDIT

こちらはパンダ渡辺氏のICO案件についての投資クラブのようです。

 

このパンダ渡辺氏はネットビジネスの世界では有名な方のようですが投資の世界では少なくとも私はこの方の事は存じ上げておりません。

 

投資の世界での名声が全く無い人の投資クラブに入って一体どのような情報が得られるのかは疑問ですが、ネットビジネスの世界での彼に関する口コミを見る限りとても信用できる人物ではないと思いますので入会する価値が無いと判断します。

 

オ-キッド

こちらはキングオブコインとの異名を持つ泉忠司氏の紹介する案件ですね。

 

オ-キッドは世界的に有名なベンチャーキャピタル(以下、VC)がこぞって投資する案件で、イーサリアムの共同創始者のキャビンウッド博士やアーロンブキャナン博士も推しているコインという事で大変な人気を集めたようで即日完売したようです。

 

私はノアコインを通じて泉忠司氏の情報を得ておりますので、当然私の所にもオ-キッド販売の連絡はありましたが私はこの案件には投資しませんでした。

 

なぜかと言いますと私が所属しているICO投資グループのメンバーもこの情報を得ていたようで、投資を考えているが販売価格は適正なのか?という質問に対してICO調査班が出した回答は非常に割高なので投資に値しないという情報を得ていたからです。

どうやらオ-キッドには2つの販売枠があってVC枠、トランシェ枠というのが存在するようです。

 

トランシェとは

フランス語で一切れという意味なのだそうで投資の世界ではローンや証券化商品をリスク別など特定の条件で切り分けたものをトランシェと呼ぶそうです。

 

オ-キッドのプライベートセール価格は1ドル100円換算とするならばVC枠は3円、トランシェ枠は55円で販売されているという事を考えれば、泉忠司氏が提示した1オ-キッド360円は如何にぼったくりであるかが判断出来るかと思います。

 

私が思うにこれは【販売】ではなくて【転売】なんじゃないかと思う次第です。

 

VC価格なら120倍、トランシェ価格でも6倍で売り捌けるので転売屋としては非常に美味しいスキームだと思います。

 

確かにオ-キッドは優良で将来性のあるコインであるのは間違いないと聞いておりますし、数年先に大化けする可能性を秘めているとは思います。

 

しかし、今3.6ドルで高値掴みする必要は全く無いと判断しましたのでこの案件は見送りました。

 

投資の基本は安く仕込んで高く売るということなのでオ-キッド上場後の暴落を待って仕込むのが最良というのが私の見解になります。

 

ICO投資においてのポイントの1つである大切な信頼できる情報源(情報網)を持っていないと高値掴みしてしまう一例だと思います。

 

SWE

こちらは芸能人のデヴィ夫人が支援している石油採掘事業のコインになりますが、このコイン、実は私も買っています。

 

SWEトークンの目的は、Silver Wave Energy社が南アフリカの沖合で所有している30箇所の鉱区のうちの1区画、約6000平方kmでの開発を進めるという事で「石油を掘り当てられるか否か」というようなギャンブル性がある話ではありません。

 

可能性があるから堀り始めるという話ではなくて、既にドリリングをしている箇所から石油が出ることが確認済みとなっている現物担保のあるコインです。

 

また、第三者による調査でも埋蔵量や収益額は推定済みで、フランクフルト市場への上場時の株価が1万ユーロと算出されているとの情報もあるようです。

で、聞いて欲しいのはSWEの可能性ではなく、この動画のyoutuberの方が指摘している巧妙な転売の手口です。

 

このyoutuberの方はよく調べてるなと感心してしまう内容ですが、何も知らない初心者はすっかり騙されてしまうと思いましたので紹介した次第です。

 

個人的にもSWEを応援しておりますし、良い案件なだけに目先の小遣いのためにアコギな真似をしてイメージダウンさせるような事は辞めて欲しいと思いますし、こういう輩が居るから暗号通貨は怪しいとか詐欺とかレッテルを貼られるのは本当に悔しいです。

 

SWE公式サイトはこちら

 

上記以外にもまだまだいっぱい詐欺コインの話はあると思いますし、これから先もまだまだ詐欺コインは出てくると思いますし、SWEのような巧妙な転売屋の存在にも注意する必要がありそうです。

 

私が得ている情報によりますと世界中で日本人をターゲットにしてICOで簡単に資金調達をしようという動きがあるようです。

 

広告塔として人気のyoutuberや暗号通貨の権威的な存在の泉忠司氏が起用されているようですので買い煽りする動画やメルマガには十分注意して大衆心理に嵌らないように気をつけましょう。

 

金融庁ICO規制に乗り出す

一部の馬鹿のせいで皆が迷惑するのは世の常と言いますがこういう輩が跋扈するせいでついに金融庁がICO規制に乗り出すようです。

 

ICO規制についての議論

金融庁からの注意喚起

ICOについての注意喚起

ICOについて法改正の可能性

ICO投資は現時点で一発逆転できる数少ない手段なのですが金融庁がICO規制に乗り出し、日本国民はICOに参加してはいけないという法律が施行になってしまったら格安でコインを仕入れる事が出来なくなってしまいます。

 

もし、こうした法律施行後にICOを発表する側も投資する側も最悪は逮捕されてしまう可能性があります。

 

こうした背景があるので上記のような普段はネットビジネス専門で商売しているような方々が最後の一儲けみたいな感じでICO投資の案件を発表しているのだと思います。

 

怪しい詐欺コインが排除されるから歓迎するという声も一部あるようですし、市場の健全化という意味では私も賛成ではありますがやはり格安でコインを仕入れる機会を失うのは勿体無いと思います。

 

ICO投資対策

CNBCのインタビューによりますと、イーサリアムの共同設立者であるジョセフルービン氏とリップルのCEOであるブラッドガーリングハウス氏は「ICOの多くは詐欺である」といった主旨のコメントをしていますし、ICOの9割は詐欺だとネット上でも噂されております。

 

ICO投資には「詐欺」や「失敗」といったリスクがつきものでネット上には特定の通貨やICOの評価を上げるようなコメントをし、価格が上がったところで売り抜けるという悪質な「買い煽り」という行為をする人もいますので購入前に信頼できる根拠を抑えておかないと騙されてしまいます。

 

詐欺師というのは人の不安に付け込んでくる人種なので十分気をつける必要があると思います。

 

ではどうしたら良いのか?初心者は何をすれば良いのか?と言いますとその対策としてはファイナンシャルリテラシーを高めることが挙げられます。

 

ファイナンシャルリテラシーとは

お金に対する知識という意味になります。

自分でホワイトペーパーを読んで、そこに書いてある事の裏取りを行い、このプロジェクトは可能性があると確証を得てから投資するということです。

 

初心者だからわからないとか難しいとか初心者という弱者の地位にいつまでも甘えて、努力も勉強もしないならいつか誰かの食い物にされてしまいます。

 

事実として過去の私がそうでしたし、当時交流のあった人達も皆、詐欺師の口車に乗せられて大金を毟り取られています。

投資の世界に初心者コースはありません。

相場とはプロと同じ土俵に立ってお金の取り合いをする場所です。

 

常に人の裏をかこう、出し抜こうとする輩や百戦錬磨の猛者のひしめく魑魅魍魎の世界です。

 

何も考えずその場の勢いや感覚で投機(博打、ギャンブル)をする人はほぼ100%の確率でどこかで自滅するでしょうし、他人に強奪されるでしょう。

 

その理由は、ただ単にお金を殖やすことに快感を見出していると足元を掬われやすいからです。

 

投資する目的や志(夢)、客観的に自分の行動を見直すという事が必要です。

 

投資の基本は「感情のコントロール」です。

簡単に、楽して儲かるという欲望に振り回されて投資をするのではなく、自分の芯(ルール)をしっかり持って投資対象を見定める目を養いましょう。

 

世知辛い世の中の本当の姿をズバリと語ったこの動画を紹介しておきます。

これは2005年頃放送されたドラマで『ドラゴン桜』と言います。

このドラマには何歳になっても学ぶべき事が多くありますし、脱初心者を本気で思うなら見習うべき考え方を学ぶ事ができるかと思います。

 

最後に幕末の思想家の名言で締めたいと思います。

夢なき者に理想なし、

理想なき者に計画なし、

計画なき者に実行なし、

実行なき者に成功なし。

故に、夢なき者に成功なし。

吉田松陰

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください