一攫千金は危険な思考

孤高のトレーダーSYUです。

これは私がプロトレーダー主催の

高額なトレードセミナーに参加した時に聞いた話で、

個人投資家必見の内容だと思ったので

当時のノートを見返しながら記事にしました。

 

大きなリスクを取る事で

感情的なトレードになってしまうからこそ

プロトレーダー達は

厳格なトレードルールに基づいて

計画的なトレードをしているわけですが

今回はもう一つの肝である

レバレッジを利かせる事の危険性

についてお話したいと思います。

レバレッジを利かせる事の危険性

まずレバレッジを利かせれば

短期間でガッツリ儲ける事は可能です。

 

しかし、この短期間で

ガッツリ儲ける事が出来た瞬間から

自分の身に不幸が訪れてしまいます。

 

巷に溢れている

投資理論を観察してみると

ほとんどがこのタイプですから

数年で数億円を稼ぐ人が出てきても

不思議な事ではありませんが

残念ながらこの手の人は

すぐに市場から消える運命にあります。

 

なぜなら

その投資理論が嵌らない場合には

全く逆の結果となってしまうからです。

 

月利100%を謳う投資理論であれば

-100%になるという事で

つまり、一か月で

資金が2倍に増える可能性があるけど

一か月で資金が0になる可能性も

あるという事です。

 

これはルーレットの

赤と黒のどちらに賭けるか?

を例にすると

わかりやすいでしょうか?

ずっと自分が賭けた色が出続けて

勝ち続けてきたとしましょう。

 

始めはコイン1枚から始めたとしたら

勝つごとに2倍に増えて行くわけですから

回数をこなすごとに

コインは見る見る増えて行きますが

たった1回負けただけで

これまで増えたコインは

全て無くなってしまいます。

 

つまり、数年かけて

数億円に増えたお金は

たった1回の負けで

全て無くなってしまうという事です。

 

実際にそんな人が何人か

新聞の紙面を賑わせていましたね。

 

私の記憶に残っているのは

世田谷の4億円脱税主婦です。

 

この主婦、

今では書籍を出したり、

セミナーを開催したりしているそうですが

こういう人こそ

「カリスマ投資家」だと

プロトレーダーは言っていました。

 

ここでのカリスマ投資家とは

いわゆる一発屋の事です。

 

4億円脱税主婦のトレード結果

この主婦は最初の年は

350万円からスタートして

利益は260万円、

2003年は3320万円の利益、

2004年は1億4170万円の利益、

2005年は5億3240万円の利益と

物凄い利益の出し方をしていますが

2006年の世界同時株安、

2007年は上海ショックや

サブプライムショックの暴落などで

儲けていたお金を

1億円残して全て失ったそうです。

 

そんな時に税務調査が入ってしまい、

税金を含めると

4億円のマイナスという結果となり、

結局、破産する事になったらしいです。

 

本当に実力があるのなら

2006年も2007年も

世界でも破産者が続出した

リーマンショックがあった

2008年だろうと変わらず

利益を出し続けているはずです。

 

私が尊敬する個人投資家の

ジェイコム男ことBNF氏は

この間も変わらず利益を出し続けていました。

 

多くの人は稼いだ利益の

金額だけに注目してしまいますが

本当に焦点を当てるべき

大切な事は「儲け方」です。

 

正直、私だってこの主婦のように

ガッツリ稼ぎたいです。

 

しかし、

ギャンブルトレードの末路が

どういうものか自分でも

過去に十分過ぎる程体験しました。

 

だからこそ

この主婦の書籍や

セミナーの内容は

そんな物は幻想だと

見向きもしませんでしたし、

プロトレーダーからこの話を聞いて

ギャンブルトレードは

破滅への近道だと確信しました。

 

そしてプロトレーダーは

こうも私に言いました。

 

「あなたがトレードに求めている物は何ですか?」と。

 

もう一度自分が

トレードしている理由を考えて見ましょう。

 

宝くじを買うかのごとく

一発当てて一瞬で巨万の富を得るためですか?

継続的に相場から収益を得られるようになって

将来は金銭的な不安から解放されるためですか?

 

もし後者だとしたら

継続的に相場から収益を上げるための

トレード手法を学び実践しましょう。

 

現状でギャンブルまがいの

トレードをしているのなら

一刻も早く止めにしましょう。

 

ギャンブルトレードを続けても

待っているのは破滅する未来だけです。

 

そしてレバレッジを利かせれば

利かせる程、破滅する未来が早くなるだけです。

 

ギャンブルトレードの末路

参考までに私が

youtube上で見つけた

ギャンブルトレードを行った末路と

思えるものを紹介しておきます。

これはトレードルール(撤退ライン)を

決めなかった事が

原因の破滅の例です。

急がば回れという

ことわざもありますように

継続的に相場から

利益を得るためには

地道な努力の積み重ねが

下地となっていますので

まずは当たり前の事を

当たり前に出来るようになりましょう。

 

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください