FXのデモトレードは意味が無い

億り人トレーダーSYUです。

今回はFXのデモトレードはやる意味があるのかないのかについて考察しましたのでシェアして行きたいと思います。

FXのデモトレードは意味が無い?

ネット上でデモトレードの必要性について検索してみると実に様々な意見が飛び交っており、無駄だと言い張る人も居れば必要だという意見もあって賛否両論あります。

以下は筋肉トレーダーとしてFX系youtuberとして有名なユーちぇる氏ですが彼はデモトレード否定派で動画内でも意味が無いからやめろというスタンスの発言をしております。

たしかにおっしゃる事は判りますよ、ユーちぇる氏の言っていることは確かに至極真っ当であると思います。

私も大きな失敗を経験してFXに対して真剣になった身ですから彼の言い分は痛いほど判っているつもりです。

人間は痛い思いをしないとわからない動物であると思いますし、失敗から学ぶことは非常に多いのでいっぱい失敗して1つづつ成長するという意味ではデモトレードは意味がないという意見にも賛同出来ます。

ただ、それでもやはりデモトレードは必要であると私は考えます。

FXのデモトレードをやる意味

私はデモトレードをやる意味は十分にあると思っています。

その理由はデモトレードで稼げない人が実際にリアル口座でトレードしても稼げるとは思えないからです。

デモトレードは自分のトレードルールやトレード手法、理論を実践出来る練習の場所であると思います。

もちろん、デモ口座とリアル口座は厳密にはサーバが異なるので約定スピードや注文の処理能力が違うので全く同じではありませんし、FX業者によって提供しているトレードツールや注文の仕方や情報収集の仕方なんかも違うので使用するFX業者の操作方法をお試し出来る機会でもあります(MT4でトレードする場合はこの限りではありません)。

先のユーちぇる氏の動画内ではデモトレードでは感情的な負荷がかからないので意味が無いという発言もありましたがおっしゃる通り、デモトレードでは自分の大切な自己資金は減らないので自分のポジションが含み損を抱えている状態や含み益が出ている状態であって利食いのレートまで我慢すると言う状態での精神的なストレスに対しての耐性については全く持って経験出来ないのでこの点に関しては確かに意味がないです。

デモトレードに感情的な負荷テストを求めているのであれば本当に意味がありませんが、それは次のステップの話であって、これからFXを始めようとしている初心者に向けた言葉ではないと私は思いますし、今現在FXで勝てていない人がデモトレードで練習していている中でそれは意味が無いからリアルでやれよって実弾飛び交う戦場に連れ戻して損失という傷口を広げるのはいかがなものかと思います。

物事には順序と言うものがあってまずは自分自身のトレード手法を構築することが大前提で、これも無しにいきなりリアル口座でてきとーにトレードしても勝ち続けられるほど相場は甘くありません。

自分自身のトレード手法を構築出来た、その手法を使用してデモトレードでも儲けられたって段階に来て、やっとリアル口座にお金を入れてこれから儲けるんだって話になるので自分の手法も何も無い初心者にいきなり実戦というのは酷であると思います。

ユーちぇる氏の論調だと泳げない人を足が着かない沖まで連れて行って、船から海に突き落として死にたくなかったら泳げって言っているようなものに感じましたし、かなりのスパルタ教育であるように感じられました。

前に何かの記事に書きましたがあなたは自転車に乗れるようになるまでに何回転び(失敗)ましたか?

この問いに対して正確に答えられる人はまず居ないと思います。

何回も転んで泥だらけになったり、すり傷作ったりして痛い思いをして自転車に乗れるようになったと思います。

その前段階として補助輪のついた自転車に乗って自転車のこぎ方とかハンドル捌きみたいなことはやっているのが普通であると思います。

自転車の乗り方の基本的な事はこの段階で経験していると思いますし、なにより側には自分の両親がついていてくれているのが一般的であると思います。

自動車で言うならばまずは仮免許を取るために座学で必要な知識を身につけて、練習用のコースを回って、試験に合格してから初めて危険な公道で運転出来る資格を有するのであって、しかも隣には常にベテランドライバーが同乗している状態になっていると思います。

デモトレードに話を戻しますとトレードに必要な知識や操作は覚えた、トレード手法も構築出来たとここまではいいとしてあなたの側にはあなたのトレード手法に関してアドバイスしてくれる人はおりますか?

この問いに対してYESと答えられる人はまず居ないと思います。

自分がルールを逸脱しようとしているとき、ルールを破って危険なトレードに手をだそうとしているとき、トレードが上手く行かなくて悩んでいるときにあなたのトレード手法に関してアレコレとアドバイスしてくれる人、時には注意したり、叱ってくれる人はまず皆無であると思います。

巷の高額なオンラインでトレード手法を教えてくる教材でも手法は教えても、実戦まで面倒見てくれることはまず無いですし、トレードの添削なんてやってくれないのが普通であると思います。

投資は自己責任の名の下に本当に大事なところが抜けているのが巷に溢れる高額な塾であると思います。

自分の作ったルールでも誰かの作ったルールでもFXのサインツールのサインでも良いですが、ルール通りに実践出来るのか?というのを試す場所がデモトレードであって自分がルール通りにトレードすることを練習する場所がデモトレードであると私は思います。

そういう意味でデモトレードは必要であると私は思います。

この辺りの考え方については以下の記事が参考になると思います。

トレーダーと自己規律

 

ただ、本当に意味の無い行為というのは実際にリアル口座でやらないようなトレード手法で、FX初心者がとりあえず買ってみる、売ってみるというようなトレードルールも何も無いてきとーな売買をトレード操作に慣れるために行うという目的以外で行う行為でこれは本当に意味が無いと思いますのでこんなことをやっているのであればデモトレードは止めた方がいいと思います。

先にも書いたようにデモトレードとは本番(リアル口座)でも練習の通りにルールに従ったトレードを行えるようにするための訓練で行ったり、新しいトレード手法が本番で通用するのかを試してみるという目的だったり、新しいFX会社のUIなど使い勝手の調査という目的で行うものだと思いますので目的も無くただ、だらだらと売ったり買ったりしているのであれば意味が無いと思います。

FXのデモトレードの実践期間

先にデモトレードは自分のトレードルールで本当に稼げるのか?ルール通りに自分が実践出来るのか>ということを訓練する絶好の舞台であるという話をしましたが、じゃあ一体いつまでやったらよいのって話をして行きたいと思います。

私は過去にプロトレーダーや月収で100万以上を稼いでいる専業トレーダーなど多くのトレーダーのセミナーに行って話しを聞いてきましたが彼らのデモトレードの実践期間としては三ヶ月~半年という期間でまとまっておりました。

稼ぐ金額としてはデモ口座のお金を2倍に増やせば免許皆伝でリアル口座でトレードしても良いと言う専業トレーダーの方も居りましたが、おおむね三ヶ月~半年という期間でデモ口座のお金が増えているのであればトレードで稼ぐ実力有りと判定されるようです。

デモ口座のお金を増やすからといって短期間でハイレバ効かせて一気に稼いだからといって実力があるかと言われればそれはまぐれである可能性が高いので目安としては50回以上のトレードを行って1,000pips稼げるかがひとつの目標とされています。

デモ口座の開始資金が100万円とするならば1lot(10万通貨)で一回あたりのトレードで20pips程度の利益を50回以上のトレードを行って1,000pips稼げば100万円の利益であるので口座の資金は2倍になる計算です。

全勝すれば50回でちょうど1,000pipsとなりますが、実際には何回かの負けトレードがあるかと思いますので、その負けトレードを補って勝ち分を増やすトレード手法であることが求められるので損小利大であったり、勝つ可能性が非常に高いトレード手法であることが想定出来るかと思います。

そうしたトレード手法を三ヶ月~半年という期間に渡って実践して口座の資金が着実に増えているのであればこれはもうまぐれではなく、完全にトレードで稼ぐ実力有りと判断出来るかと思います。

一ヶ月で1,000pips稼げる実力があるならば専業トレーダーとしてもプロトレーダーとしても十分やっていけることでしょう。

なかには一ヶ月で100pipsを確実に稼げるのであれば、それは十分立派な専業トレーダーであるとしている講師の方もおられました。

FXはレバレッジが効くので1lotで100pipsなら利益は10万円ですが10lotなら100万円、100lotなら1,000万円と全く同じ事をやっているのに利益が10倍にも100倍にもなるという素晴らしい世界で、FXで稼げる実力のある人達からすると理想の環境であります。

現実世界で利益を10倍、100倍にしようと思えば新規事業を立ち上げたり、人を増やしたりといろいろな手間がかかりますが投資の世界ではlotを調節するだけなので実業に比べると格段に稼ぎ易いという点で投資は素晴らしいと思って投資を志したキッカケの1つでありますが稼ぐ能力が身につくまでは非常に長い時間がかかって挫折の連続なので厳しい世界でもあります。

まずは1ヶ月でよいのでデモ口座の資金を増やすことが出来るのか?自分のトレードで稼ぐ力があるのかないのかを判断すると言う意味でリアル口座でトレードする前にテストしてみて欲しいと思います。

FXのデモトレードの総括

今回はFXのデモトレードはやる意味があるのかについて記事を書きましたが、デモトレードは自分自身のトレード手法が通用するのかどうなのかを確認出来る絶好の舞台であると思います。

早くお金を増やしたいという気持ちもわかりますが、初心者ほどまずはデモトレードで自分のトレード手法で稼げるのか?稼げていないのであれば大切な資金をまだ相場に賭けるべきではないと判断できますのでもう一度トレード手法の練り直しを出来る良い機会であると思います。

昔の私もお金を追いかけることばかり考えていて、常にハイレバレッジを効かせた短期売買で一喜一憂し、最終的には口座のお金が全て無くなって退場という有様でした。

その度にこのトレード手法使えないじゃないかと腹を立て、また次の稼げると謳うトレード手法に飛び付いては損をするという同じ事の繰り返しをして来た阿呆です。

トレーダーとしての技術は何1つ身に付けずにスキャルピングなどの高度で高難易度の危険なトレード手法ばかりを実践していたので資金が続かずに最終的に多重債務者に成り果ててサラ金から督促状を送りつけられ、返済の当ても無いので裁判所に泣きついて救済して貰った大馬鹿者です。

もし、こんな事になる前にデモトレードの重要性をきちんと理解してちゃんとトレードで稼げる実力を持ってからリアル口座でトレードしていればこんな辛くて悲惨な状態に陥ることは無かったでしょう。

全ては己の欲望が生んだ結果で自業自得です。ギャンブルの自己破産は免責が降りないと言われますが本当にその通りであると思います。

ろくにトレーダーとしての勉強もせず、大金を稼ぐという夢ばかり見て、詐欺的なトレード手法を真に受けて皮算用ばかりやって興奮し、失敗しても反省せずに次のトレード手法に乗り換えると言うことばかりやっていたんですからトレーダーとしての中身は空っぽで投資家としてスカスカな状態だったのです。

そんな奴がトレードで稼げる理由なんて1つも見当たらないですし、負けるべくして負けていたんだなと今になって痛感します。

こんなキツイお灸があったからこそ、真剣にトレードに向き合うキッカケになりましたし、自分自身を見つめ直そうと言う思考に至れたこともまた事実で中途半端にトレードで勝っていたらたぶん現在のような思考に至れなかっただろうし、未だに派遣労働者としてこき使われる毎日を送っているであろうと思います。

世の中には失敗して初めて判る事があると思いますが、出来れば失敗する前に気付いて欲しいな、私と同じような辛い目に遭って欲しくないなと思って当サイトを立ち上げて情報発信を行っておりますが、当サイトの読者様はこんな大馬鹿者のようにならないようデモトレードだからと軽く見ないで真剣にトレードの練習をやって欲しいと思います。

 

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください