ドラストFX実践結果~年間報告~

2018年12月より実践結果の報告を開始して2019年11月でちょうど1年となり、最後の締めとしては1年間ドラストFXで運用したらどうなったのか?ということを知りたい読者様やドラストFXを購入しようか迷っている方への参考になればと思い年間報告の記事を上げることにしました。

当サイトでのドラストFXの運用ルールの詳細については以下の記事をご覧ください。
ドラストFXで資産運用

横着な人のためにざっくりと運用ルールを記述しますと特定のチャートパターンになった時だけトレードを行い、1lot(10万通貨)で運用を行うというものでドル円相場のみの結果を記したもので1年間ドラストFXで運用した結果は以下の通りでした。

ドラストFXの年間トレード成績

勝敗:341戦170勝151敗20分

勝率:49.9%

獲得:+1,396pips

損失:-1,228pips

損益:+168pips

年間利益:+168,000円

PF:1.14

PF(プロフィットファクター)とは

トレードの利益と損失の割合を数値化したものです。
計算式は「総利益÷総損失」となります。

従って、PFが1を超えると利益が出ているトレード手法、1未満だと損失を出しているトレード手法となります。
半年や一年というスパンでトレード手法を見た場合に、PFが1未満であればトレード手法そのものを見直す判断基準のひとつとなります。

一般的にPFが2を超えるとかなり優秀なトレード手法だと判断されます。

ドラストFX実践結果の総括

2018年12月から2019年11月までの1年間でドラストFXを当ブログの運用ルールに従ってドル円相場で運用した結果、16万8千円の利益となりました。

スプレッドの狭いFX会社を使用すればもっと良いパフォーマンスになるとは思いますがこれだけの利益を残すことが出来ました。

軍資金100万円で運用したとすると利益率は16.8%となりますが、この数字を見て低いとか思われますか?

もし低いと思われているのだとしたら巷に溢れる誇大広告に洗脳され、頭をやられていると思います。

世界のお金持ちランキングTOP3に入る投資の神様とも呼ばれるウォーレン・バフェットですら年間平均利回りは22.6%とされているんですから、これ以上の利回りを提示している投資手法は詐欺かかなりのハイリスクを伴う投資手法であることは容易に想像出来ることと思いますし、私も脱サラしてからこの2年間で30を超えるプロジェクトに手を出して来ましたがどれもこれも儲けることは出来ずに赤字で終わっていますし、運営会社もWebサイトを消してトンズラして連絡も取れない状況になっているものがほとんどですし、プロジェクトの失敗をケロっと忘れてシレっと次の投資案件を紹介する面の皮の厚い会社や起業家なんかも居ますね。

始めから判っていたことですがネットで得られる情報や投資案件はほとんどが詐欺であり、こんなところで散財するくらいであれば最初から自分でトレードをしていた方がもし負けたとしてもなぜ負けたのか?どうやったら改善出来るかと勉強になり、自分自身をより高めてトレーダー・投資家として成長する機会となるので同じお金を失うのであれば自分でやった方が何倍もマシであると思います。

一攫千金狙いのギャンブラー思考の人は短期的に10倍とか毎月何百万の利益みたいな夢のような手法の裏でかなりのハイリスクを伴うギャンブルトレードをやったらいいと思いますが、この先もずっとずっと投資で食べて行こうと思うのならば堅実に再現性のある手法でコツコツを積み重ねるということを淡々とやっていくのが一番の近道であると私は思います。

もう詐欺は御免だ、これからは自分でトレード頑張っていこうと思っている人に対してのお手伝いの1つとして当サイトでドラストFXを紹介し、ドラストFXを使用した手法の実践結果を公開して来ました。

短期的に爆発的に10倍とかに資産を増やすなど利益を上げたとしても一年後にすっからかんになっているようだとこの一年一体何をやっていたんだということになりますし、二年目からはロットを上げて運用するというレバレッジを効かせることも出来ないのでいつまで経っても自分の資産が増えないで貴重な時間だけが過ぎ去っていってしまうという非常に好ましくない状態になってしまいます。

以下は理想的な資産の増え方とされるイメージ図で成長曲線のような指数関数的に資産が増えるものが無理なく実践できて理想とされるているものです。

画像引用元:静岡学習塾様

この図で言えばブレイクポイントを超えるまでが非常にシンドイ時期でこんなに頑張っているのにお金が少ししか増えてないという現実に対して、ネット上を見渡せば短期的に何十万、何百万とか楽してこんなに儲かった、ほったらかしで~みたいな詐欺的な投資手法を見てしまえばそりゃ誰だってコロっとやられちゃいますよね。

一生懸命努力しているのに報われないその横でこんな過激なネット広告なんか見た日には隣の芝生が青く見えまくりでこんな辛くて苦しいわりに少ししか儲からない手法なんて止めようかななどと思って楽な道に逃げたくなることは人間ですから誰しも思う感情であると思います。

あと少し頑張ればブレイクポイントを超えられて一気に資産が倍増するという地点にまで到達しているのに、そのあとちょっとが頑張れずに自分から諦めて頑張ることを辞めてしまう人が多いのもまた人間であって成功出来ない人の典型的なパターンであるとも言われています。

そうした人達は次から次へと新しいFXツールを買っては辞めを繰り返すノウハウコレクターとなってしまっているのも投資に限らず、ダイエットや英語教材など類似した例は世の中に溢れていると思います。

当サイトでは耳にタコが出来るくらい何度も聞く言葉ですが投資は続けられなければ意味が無いんです。途中で辞めてしまったらまたゼロからのスタートなんです。いつまで経っても技術(スキル)が身につかず、継続して実践もしないから経験値が溜まらず、レベルが一向に上がらずに次のノウハウへと移っていくので同じところをグルグル回っているだけで何にも成長しないんです。無為に時が過ぎてしまうだけなんです。

以前の私が良い例です。

夢見たいな詐欺話に乗ったり、短期間でガッツリ爆発的に稼げると謳う情報教材を真に受けて飛びついて、ちょっとやって上手く行かなかったから別のノウハウへと渡り鳥のように次々とノウハウを買い漁って転々とし、塾や教材代、実践するための費用などをカードローンで湯水のように使った挙句に大きな借金を抱えて自己破産寸前まで行って取り立ての手紙やら電話やら貰って強面のおっさんが家まで押しかけて来そうな状況になって殺されるんじゃないかって身の危険を感じてストレスで髪の毛が真っ白になるような恐い思いをしてやっと目が覚めるような大馬鹿者が昔の私です。

トレーダーとしてやるべきこともやらずに今日は残業で遅くなったからなどと仕事を理由にサボって先延ばしし、そのくせ趣味やどうでもいい事にはたっぷり時間を使うという体たらくで、本気でトレードで稼ぐんだと言う意思や向上心などはカケラもなかったんです。

投資で稼いでいる奴らは今この瞬間に何をやっているのか?それに対して自分は何をしているのか?

ある人はチャート分析をやって自分がエントリーするポイントの下調べをするでしょうし、ある人は値動きの意味を読み解いて瞬間的なトレンドに乗って利益を出すかもしれません。

それに対して自分は何をしていたのかと言えば部屋で寝転がってTVを見たり、ゲームで遊んでいた・・ネットサーフィンして投資には関係ないどうでもよい情報を読み漁り、芸能人・有名人がどうしたこうしたとかどうでもよいことばかり追いかけている・・・

そんなものは自分が稼げるようになってからいくらでもやれって話ですね。

そうした投資という世界に対する真剣さやヤル気の無さがトレード成績に直結していたんですね。

トレーダーとしての中身は空っぽで投資家としてスカスカ・・・

そんな奴が虎視眈々と獲物を狙う強者ひしめく投資の世界で簡単に勝てるわけがなく、負けて当然だったんです。

これまでの人生をぬるま湯に浸かりきってなあなあで過ごしてきた怠惰で楽観的な思考形態の馬鹿が投資で金持ちになってやると大層な目標を掲げていい加減に勉強しててきとーにトレードして勝てないからノウハウを変えての繰り返しをするだけでなんら成長しない・・・

そんな腐り切った性根の怠け者が辿ってきた人生の集大成が多重債務者という末路だったんです。

当たり前ですよね。ことここに至るまでに一体何をしてきたのかと言えば何もして来なかったんです。

まあ何もしなかったといえば語弊がありますが確かにチャートは見ていました。

投資関連の雑誌やデイトレードで日給○万円みたいな書籍も読んでいました。

でも表面上を見ていただけでそのチャートの意味するところ、なぜここでこんなに上がっているのか?この価格帯で上ヒゲが散見されるのはどうしてなのか?といった深いところまでは思考が及んでいなかったんです。

ただ運が悪かっただけさ、こういう事もあると十分に反省もせず、どうして負けたのか?なんでこうなったのか?とそのトレードの欠点について考察することもなく軽く流してしまっていたので何度も同じ過ちを繰り返します。

確かに詐欺師が書いた結果論だけを集めた教科書的な綺麗なチャートパターンだけに通用するようなクソの役にも立たないようなノウハウもありましたが、そんなことも見抜けない節穴の目で間抜け面して有難がって実践していた当時の自分を渾身の力でガツンと一発ブン殴ってやりたいです。

投資で勝つためには何をしなければならないのか?何をすべきだったのか?

こんなどうしようもない大馬鹿者でもこの当たり前の事に気がつけたんです。

私のような要領も悪い上に元頭も悪いというどうしようもないクズでもこの当たり前の事に気がつけたんですから、私なんかより聡明な読者のみなさんはこの記事を読んだだけで投資で勝つために必要な事は何なのかが判って貰えると思います。

ドラストFXの記事はこれで本当に終わりにしたいと思います。

 

相場の優位性を利用したトレード手法で利益を上げるのはトレードにおける勝率や獲得利益を飛躍的に高める常套手段なのでまだ自分なりの勝ち方が定まっていないのであれば当サイトのドラストFXの手法も検討されてみて下さい。

ドラストFX実践結果における各月のドラストFXの運用結果はこちらです。

2018年12月のドラストFX実践結果 2019年1月のドラストFX実践結果 2019年2月のドラストFX実践結果 2019年3月のドラストFX実践結果 2019年4月のドラストFX実践結果 2019年5月のドラストFX実践結果 2019年6月のドラストFX実践結果 2019年7月のドラストFX実践結果 2019年8月のドラストFX実践結果 2019年9月のドラストFX実践結果 2019年10月のドラストFX実践結果 2019年11月のドラストFX実践結果

良い月もあれば悪い月もあるのがトレードですが、最終的に利益が残ればそれで良いと私は思います。

大きく勝つに越したことはありませんが、大きな利益を求めるのであればそれ相応のリスクも受け入れることになりますので過剰なリスクは取らずに堅実に取り易いところを取る手法が精神衛生上好ましく、安定的に稼いで行ける手法であると思います。

ドラストFXの関連記事はこちらです、興味がある方は見てみて下さい。
ドラゴンストラテジーFXは神ツールではない

当サイト企画参加者にはトレード手法の開放もしておりますので興味がある方はこちらもどうぞ。
FXトレード手法のご紹介

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください