ドラストFXで資産運用

億り人トレーダーSYUです。

新企画の一環として私がオススメしているFX商材「ドラゴンストラテジーFX」の実践結果を記録していく事にしました。世の中には色々なFX商材があり、本当に稼げるのかどうかがわからない、自分で実践してもいないのにオススメするアフィリエイターが多くていまいち信用できない、何を信じていいのかわからない等そうした読者からの問い合わせを非常に多く頂いたことから今回の企画を実施する運びとなりました。

ドラストFXの運用ルール

ドラストFXで推奨されている次の勝率の高いポイントでトレードした場合についてのトレード結果を記載していく事にしています。

1.大小の矢印が同時に出現した場合

2.ドラゴンバンドにタッチしてから戻ってきたポイントで小さい矢印が出現した場合

なぜこのポイントに絞るのかといいますとドラストFXのサインはダマシが多いという事はレビュー記事にも書いた通りでクソ真面目に実践すると損切りが多くなり、せっかくの利益が目減りしてしまうという事態になりがちです。

このポイントに絞るとたまにやってくる大相場には乗れない可能性もありますが、多くのドラスト挫折者のように損切り続きで精神的なダメージを負ってしまい、心が折れて続けられなくなったり、他の商材に目移りしてしまうという負のスパイラルに陥ってしまう可能性が高くなるのでなるべく安全にかつ着実に利益を積み上げるという事にフォーカスしてドラストを使ってどうやって利益を積み上げるかを考えた結果、このポイントでトレードするのが現時点での最適解であると判断しました。

当サイトの記事で何度か言っている様に「投資は続けられなければ意味が無い」ので勝率の高いポイントのみでトレードして着実に利益を積み上げて投資に対するモチベーションを保って欲しいと思います。

利食い、損切りはマニュアルで推奨されているポイントで行っておりますので独自ルールは一切使わないというルールで実践・検証を行っておりますので誰がやっても同じポイントでエントリー出来る結果となるように配慮してあります。

※ただし、厳密には使用するFX会社によってレートは異なるため、必ずしも同じ価格にならない事はご了承下さい

具体例を1つ挙げますと以下はFX会社Aのドル円5分足チャートです。

続いて以下はFX会社Bのドル円5分足チャートです。

FX会社AとBのドル円5分足チャートで違いがあるのがおわかりでしょうか?

両チャートの時間軸12/14 15:00付近においてFX会社AとBで異なるサインが表示されています。

これはFX会社AとBで多少レートの差異があり、それがドラストFXの大きい矢印の表示ロジックに影響したものと思われますのでFX会社C、D、F・・・で表示させた場合はまた異なるサインが表示される可能性はあるかと思います。

ただ、このケースは極めて稀であり、極端な例であるという事を断っておきます。

ドラストFXで推奨されている通貨ペアは「EUR/USD」、「USD/JPY」、「EUR/JPY」となっておりますが、日本人に馴染み深いUSD/JPYのみを1lot(10万通貨)でトレードした結果を週単位で報告して行きます。

ドラストFXを使って取れた大相場や当サイトからの購入者限定で付けている特典の手法を使ったポイントでのトレード結果などもご紹介して行きます。

当企画がこれから資産運用を始めたいという方の参考になれば幸いです。

ドラストFXの商材のレビュー記事はこちらになりますので、興味がある方は見てみて下さい。
ドラゴンストラテジーFX

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

2 Comments

しんちゃん

いつも有益な情報をありがとうございます。ドラストFX購入を考えていましたが再検討することにしました。SYUさんの検証これからも参考にさせてもらいます。宜しくお願いします。

返信する
SYU

しんちゃんさん

コメントありがとうございます。
ドラストは色々な使い方が出来るスルメのような教材なので
私のような検証マニアにはたまらない一品となっていて、
現在ももっと利益の出せる使い方は無い物かと日々研究を続けております。

有用な手法があったらご紹介して行く予定でいますので
気長にお待ちいただければと思います。

当企画は最低でも1年は続ける予定でいますので
ドラストの良い点悪い点をご判断いただいて
購入に値するのかどうなのか判断していただければ幸いです。

今後ともよろしくお願い致します。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください