トレーダーと自己規律

億り人トレーダーSYUです。

これは私がプロトレーダー主催の高額なトレードセミナーに参加した時に聞いた話で、個人投資家必見の内容だと思ったので当時のノートを見返しながら記事にしました。

自己規律の重要性

稼いでいるトレーダーになりたければまず、自分で作ったルールを絶対守るという強い意志を持って行動しなければなりません。

いわゆる自己規律(Discipline)です。

 

自己規律を簡単に破るようであればいくら資金があっても簡単に消し飛びますし、トレード人生で成功する事は絶対にありません。

 

それくらい重要で重大なミスが【自己規律を破る行為】です。

 

そのような人はトレーダー、投資家には向いておりませんので大損する前にトレードを辞めるべきとの事でした。

 

相場の世界で本当に大事な事は実は相場を読む力でも何でもありません。

【自己規律を守る事】にあります。

 

これは人間としてのマインド、いわば土台なのです。

 

これがしっかりしている人はどんな世界でも成功出来ると言われております。

 

伝説の凄腕トレーダー集団であるタートルズの面談の真の意味が何だったか考えれば今回の話に納得出来るかと思います。

 

ちなみにタートルズは私が尊敬するプロトレーダーの1人が読む事を薦める推薦書籍の1つです。

 

相場の世界では現実の世界と異なり、全ての権限がトレーダーに委ねられるため、何でも出来てしまいます。

 

資金が少ないのに世界的な金融不安の波に乗って売りのオーバーポジションを張って一攫千金とか普段は稼げないような金額を簡単に稼いでしまうなんて事も有り得る世界です。

 

しかし、自己規律が守れないトレーダーは100%確実に破産しますと言っていました。

 

私もそうですがこと相場に関しては100%とか確実という言葉は絶対に使いませんがこれだけは確実です。

 

一時的に勝てたとしても、将来的には破滅を迎えます。

 

アマチュアが最も犯し易い間違いは決めておいた損切りが守れない事に尽きます。

 

このブログでは何度も考え方、教訓についての記事を書いていますし、重要視していますので同じような内容の記事を目にする事もあると思います。

 

いずれにしても【自己規律を守る事】が稼いでいるトレーダーになる大事な一歩なのです。

 

自称プロの特徴

自称プロは総じて傲慢であり、トレードルールを平気で破ります。

 

自分の予想が正しいと思い込み、そのトレードに大半の資金を投入します。

 

負け込んでくると評論家等の意見を頼りにしたり、他の個人投資家のブログや掲示板を徘徊して自分の予想が正しいのだという意見を探して精神の安定(精神的ストレスの緩和)を図ろうとします。

 

最終的には強制決済や追証が発生し、大金を失います。

 

自己規律を守れないのであれば大損する前に相場の世界から手を引くべきです。

 

短期間にドカンと儲けたい一攫千金狙いのトレーダーは競馬やパチンコ、ルーレット等のギャンブルをやった方がずっと健全だと思います。

 

なぜなら、ギャンブルは賭け金が尽きた時点で悔しくても強制的に止める事が出来るからです。

 

しかし、相場の世界では本人が止める意思表示をして、それを自分で実行しない限り損失が膨れ上がっていきます。

 

ここまで負けたら止めようと決めないといけませんし、決めたところで実際にポジションをクローズしないとダメなのです。

 

ですが大概ポジションをクローズする事が出来ません。

 

今回はこのありがちなシチュエーションについて解説したいと思いますが実はこの問題はけっこう根が深いので別の記事でも解説する機会があるかと思います。

 

ところで、世の中にはルールがあります。

 

誰しも何かしらのルールに従って生きていると思います。

 

車を運転するのであれば交通ルールがありますし、会社勤めしていればその会社のルールがあります。

 

そしてルールを破れば何かしらの罰則がある事は誰でもご存知の事でしょう。

 

交通ルールを破れば警官からお小言を貰いながら罰金を払わないといけませんし、会社のルールを破れば自分の上司から叱られたり、場合によっては減俸になる事もあるでしょう。

 

国家が定める法律を破れば罰金どころか社会的な信用を失い、その後の人生がみすぼらしくなってしまいます。

 

それでは相場の世界ではどうでしょうか?

大事な事なのでちょっと考えていただきたいと思います。

 

個人投資家の場合ですとトレードルールを作るのは誰でしょうか?

そのルールを破った場合、罰則がありますか?

誰かに叱られますか?

 

ちなみにプロトレーダーはどうかと言いますとトレードルールはそのトレーダーごとに全く異なりますが、それぞれのトレーダーが何かしらのルールを持ってトレードしています。

 

で、ルールを破った場合はプロトレーダーといえども所詮は雇われの身なので上司から叱られます。

 

また、トレードで結果が出せないと即クビになります。

(1日でクビになったトレーダーの方も居たようです・・)

 

プロトレーダーの趣味

余談ですがプロトレーダー達に多い趣味はマラソンとワインだそうです。

 

マラソン大会や都内の洒落たバー等に行くとプロトレーダーと知り合いになれるかもしれません。

 

さて、トレードルールを作るのは誰で、それを破って罰則があるか?誰かに叱られるか?という事について考えがまとまったでしょうか?

 

個人投資家の場合、トレードルールを作るのはその個人投資家自身ですね。

そしてそのトレードルールを破った場合、罰則や誰かに叱られるか?というと・・・

実は誰にも叱られないのです。

罰金も罰則も何もありません。

 

交通ルール等に比べれば非常に甘いです。

何のお咎めも無いのですから・・

 

私が何を言いたいのか察しの良い方はもうわかったかと思います。

 

トレードにおいて自分で決めたルールを守るのも破るのも全て自分自身なのです。

 

投資の世界では「自己責任」という言葉がよく使われていますね。

 

そもそもルールなり規則というのは何のためにあるのかという事についてよく考えてみて下さい。

 

だいたいの場合が危険から身を守るために設定されている事がほとんどかと思います。

 

これは相場の世界も同様で、特に間違ったポジションを持てば即損失となる危険な世界ではなおさらルールが必要です。

 

トレードルールを作るのは自分自身です。

実際にトレードするのも自分自身です。

利益確定も損切りもトレード用の資金を用意するのだって自分自身です。

トレードに関する事は他人任せではなく、全て自分自身で決めてやるのが投資の世界なのです。

 

日常生活においては何かしらのルールに縛られて、行動を制限されながら生活していますが投資の世界ではあれをやってはいけない、これをやってはいけないという縛りは基本的にありません。

 

何にも縛られることなく自分を自由に表現出来るので無茶もヤンチャも出来うる範囲内で可能なのです。

 

一言で自由と言っても意味は多数ある

この【自由】というのはちょっと曲者で自分が危険な状態になっているのに何も手を施さない自由というのも含まれてしまいます。

 

しかし、これを許してしまうと投資の世界では長生き出来ません。

 

頭で分かっていても行動出来ない・・・

これは行動しない自由とでもいうのでしょうか?

 

自由だからといって危険もかえりみずに好き勝手するわけにはいかないですし、自分が不利な状況程、その選択、行動する事が辛い事が投資の世界では何度もあります。

 

自由とは無法ではなく己のルールの中で生きる事と何かの本で読んだ記憶がありますが己のルールで生きるためには強靭な精神力、強い意志が必要です。

 

自分が間違った選択をしようとしたならばそれを律する必要があります。

 

自分が間違った事をしても誰も叱ってくれないですし、罰則も無いからこそ自分を正しい方向へ戻すための手段が必要です。

 

だからこそ【自己規律】なのです。

自称プロには自己規律はありません。

 

何でも自分に都合の良いように考えます。

 

自分で作ったルールも平然と破り、いつの間にか新ルールが出来上がっていたりします。

 

ルールといってもその場しのぎのルールな場合が多く、ころころとルール(らしきもの)が変わるので一貫性も何もありません。

 

なのでこれまでトレードしてきた結果には何の意味もありませんので再現性が無く、自分のトレードの特性も弱点も何もわかりません。

 

まさしくプロトレーダーが日頃から言っている経験値0の状態なのです。

 

この先ずっと相場から利益を得ていきたいと本当に思うのならば自称プロに多い私利私欲のために、ギャンブルトレードで一攫千金を狙うような安易な金儲けを考えるのは止めましょう。

 

自己規律を守れない原因として、プロスペクト理論や人間の危険回避の本能等の特性が関係している事が行動経済学の視点から説明されていますが認識しておく必要があります。

 

自己規律を高めるトレーニング方法

最後にトレードにおける自己規律を高める簡単なトレーニング方法を紹介します。

 

ENTRYやEXITが決めたルール通りに守れないという方にお勧めです。

 

簡単な事で良いので「決まった時間に特定の行動をする」です。

これを三週間(21日)続けて下さい。

 

例えば朝起きたら簡単な運動をするとか仕事から帰って来たら手洗いうがいをするみたいに習慣化するわけです。

 

三週間というのは人間の行動パターンは21日続けると習慣化するという研究結果があるという事と、21という数字はフィボナッチ数列にも出てくるので何かしら人間の心理に影響のある数字だと私は思っております。

 

ついつい自己規律を破ってしまうという人はぜひお試し下さい。

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください