資金管理の重要性

孤高のトレーダーSYUです。

これは私がプロトレーダー主催の

高額なトレードセミナーに

参加した時に聞いた話で、

個人投資家必見の内容だと思ったので

当時のノートを見返しながら記事にしました。

 

トレーダーを長く続けて

今後何十年も恒常的に

相場から収益を得ようと思うならば

必須スキルになるのが

今回お話しする

資金管理の重要性についてです。

 

資金管理の重要性

プロトレーダーは

大きなリスクを取らないように

計画的にトレードを行っておりますが、

その計画の中には資金管理も含まれています。

 

プロトレーダーだからといって

どんな相場状況でも

100発100中で利益を出している

と思ったら大間違いで、

プロトレーダーでも

よく負けているという事を

現役のプロトレーダーから聞きました。

 

私もプロトレーダーは

8割くらいの高確率で

利益を上げているのだろうと

思っておりましたが

実際の勝率は4割程度のようです。

 

勝率4割でもトッププロ

プロ野球の一流選手でも

打率4割程度で

トップと言われるのですから、

この数値は妥当と言えると思います。

 

たとえ勝率が4割でも

トータルでプラスに出来れば

御の字というのが

プロの世界なんだそうです。

 

負けているトレーダーは

高い勝率に拘る傾向が強いと聞きますが、

何を求めて相場をやっているのか?

という目標設定によって

どういうトレードを行うかが

違ってくると私は思っています。

 

自分は何のために

トレードを行っているのか?

という問いに対して

一発当てて一瞬で

巨万の富を得るためと

答えるのであれば

そのトレードスタイルは

ハイレバレッジを効かせた

かなり危険な

トレード手法になるでしょうし、

今後何十年も

恒常的に相場から収益を得て

自由な生活を満喫するためと

答えるのであれば

そのトレードスタイルは

手持ちの資金を守りながら

堅実に増やしていく

手法になってくると思います。

 

負けトレーダーの傾向

ほとんどの負けトレーダーは

自己資金の大半を

一回のトレードに投じて

勝った負けたを

繰り返していると言いますが

ほとんど例外なく

負けているトレーダーは

勝った額より

負けた額の方が多い

という統計が出ています。

 

これは一発当てて

一瞬で巨万の富を得るための

トレードスタイルなので、

それ相応のリスクを背負うのは

当然の事だと思います。

 

しかし、レバレッジを利かせれば

効かせる程、

破滅に近づく事になっているので

プロトレーダー達は

必要以上に

レバレッジを利かせるという

大きなリスクは背負いません。

ミニゲームでハイレバの危険性を擬似体験

これは簡単なゲームで実感する事が出来ます。

用意する物は硬貨、紙、ペンです。

 

やり方は至って簡単で

硬貨の表裏で

どちらが多く出るかを予想し、

実際に硬貨を10回投げて

自分の予想が当たったか

外れたかを見るという物です。

 

ここで表裏の予想は

相場は上がるか下がるかという

自分のスタンスを表しております。

 

基本的に相場は

上がるか下がるかの2択なので

表は相場が上がった、

裏は相場が下がった

という事にしましょう。

 

実際に硬貨を10回投げて

1~10回までの表裏を記録します。

 

例えば次のような結果が

出たとしましょう。

1回目 表
2回目 裏
3回目 裏
4回目 裏
5回目 表
6回目 表
7回目 表
8回目 裏
9回目 表
10回目 裏

表5回、裏5回となっておりますが

実際にはもっと偏るかもしれません。

 

現在のトレンドが

下落トレンドだとすると、

この場合、

裏に賭けた方が有利

となっているので

今回のルールは次のようにします。

 

・硬貨の裏が出る方に賭けて

当たった場合は

賭け金の2倍を得る事とし、

外れた場合は賭け金と同額を失う。

 

・硬貨の表が出る方に賭けて

当たった場合は

賭け金と同額を得る事とし、

外れた場合は賭け金の2倍の額を失う。

 

トレードは基本的に

ゼロサムゲームなので

上記のルールで

辻褄を合せることにしています。

 

手持ちの金額は

リアリティを持たせるために

自分が運用している金額を

前提とすると良いでしょう。

 

この例の場合

1回目が表なので

相場状況としては

大局が下落トレンドの中での

上昇なので小反発している

という状況を

思い浮かべてもらうと

分かりやすいでしょうか?

 

ただ下落トレンドの中での

上昇はすぐに終了し、

また下げに転じる可能性が

極めて高いので

この状況で買いで入っても

利益は少ししか取れない事に

気付いているトレーダーは

戻り売りを狙っている事でしょう。

 

そうした中で

自分の事前予想は当たったのか

外れたのかを

視覚的に表してみるというのが

このゲームの一つの目的です。

 

ここまでの作業が終わったなら

次はこのゲームの主旨である

肝心な部分の検証をする作業に入ります。

 

それは「賭け金」です。

 

1回、1回のトレードに

自分の軍資金の何%を使うのか?

トレードを続けても破産しないか?

という事をこのゲームで

検証する事が出来ます。

 

もし、自分の軍資金の

100%を使ってトレードした場合、

たった1回のトレードで

失敗すると破産しますし、

100%に近い賭け率でやった場合でも

たった1回トレードで失敗すると

致命的な打撃を受けてしまいます。

 

100%に近い賭け率であればある程、

10回目を迎える前に破産しているか、

大幅な元本割れになっている

という事に気がつくと思います。

 

そして例え大局が下落トレンドであると

見切っていたとしても

たった1回トレードで失敗すると

致命的な損失を被る事もわかると思います。

 

これはプロトレーダーに言われた事ですが

大抵、投資の世界に

新規で入ってくる人間は

一年以内に退場する。

 

一年以内に退場しないとしても

当初の目的だった

「お金を増やす」が

「元本回復」に

変わってしまっている

という事を言われました。

なぜ一年以内に退場するかは

ここまでお話ししているので

察しているかと思いますが

大きなレバレッジを利かせているからです。

 

自分の軍資金に対して

50%以上で賭けると

資産は0に向かう確率が

高くなるという傾向が

このゲームから体験する事が出来ます。

 

よりリアルにシミュレーションするために

自分の過去のトレード履歴から

利益と損失のトレードの

平均pipsを算出して

このゲームのルールに当てはめると

自分のトレードは安全なのか?

危険なのか?

という事もこのゲームから

再認識する事も出来ます。

 

相場を長く続けたいのなら

たった1回のトレードで

致命傷を負ってはいけません。

 

プロトレーダー達は

上記のような

研修を受けているらしいので

レバレッジを利かせて

一気に大儲け!

等という大きなリスクは

背負わないようです。

 

そもそも自分の首がかかっているのですから

そんなムチャはしませんし、

ほぼ確実に勝てるような時に

少しだけレバレッジを利かせるような事は

するようですが

それでも負けた時は

このくらいの損失だから

失敗しても十分カバー出来るような

金額に落ち着くように

計算してトレードしているようです。

 

こうした考え方は

なにも投資の世界だけではなく、

スポーツの世界ですと

柔道ではまず始めに受身を教わりますし、

スキーでは転ぶ時は

山側に転ぶという事を教わります。

 

危険と隣り合わせだからこそ

まず始めに防御といいますか

その世界で長く生き残るための

術を教わります。

 

トレード資金の賭け方について

詳しく書いた初心者用の書籍なんかは

お目にかかった事が無いので

大半の初心者トレーダーは

こうした基礎的な事を知らずに

魑魅魍魎の跋扈する投資の世界で

誰かの食い物にされながらも

利益が上がらずに

日々苦戦しているのが

実情だと思います。

 

損切りにしても

資金の何%とか

相場とは何の関係も無い価格で

撤退するように指示する書籍が

多数出回っていますが、

この一面だけ見ても合理的ではない、

トレードについて

何にもわかってない人が

もっともらしい理論を並べて

書いたものなんだなと

今なら理解できます。

 

この辺りの話は

こちらの記事にも書いてますので

もしよければ覗いて見て下さい。

短期売買を勧める輩の裏側

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください