ビットコインETFは今年最大のイベントか

億り人トレーダーSYUです。

最近のビットコインの価格はいろいろな思惑が絡み合い、上昇の動きを強めてますね。

今月始めは70万円付近で停滞しておりましたが現在は90万円台を回復しており、今年始めの180万円台から半値戻しという状況になっております。

今回は上昇要因の1つであるビットコインETFについてシェアして行きたいと思います。

 

ビットコインETFとは

ビットコインETFとは何かと言いますと簡単に言ってしまえばビットコインが投資対象に含まれる投資信託の事です。

その投資信託が証券取引所に銘柄の一つとして上場すれば、株などと同様にビットコインの売買が行われます。

ビットコインの売買が行われるということはビットコインの価格上昇に繋がるという発想です。

例えば貴金属の金は2004年にETFに組み入れられた銘柄がニューヨーク証券取引所に上場し、$450から7年で$1900と4倍弱になった実例があります。

値動きが激しいビットコインの売買は怖くてできないという投資家が「ETFだったらやってみよう」という可能性は少なからずあるので全ての投資家が買いだと言うわけではないですが、売買できる選択肢が増えることで極端な値動きは徐々に減少し、適切な投資対象と見なす可能性は出てくるのでビットコインの価格上昇に繋がるETF化は歓迎すべき材料です。

 

ETFで買われた金の保有量と価格には正の相関関係があるという分析結果が出ていることからビットコインがETFに組み入れられ、ETFで現物が買われれば金のETFと同じ結果になるのではないかと期待されていることから価格上昇に繋がっているようです。

一部の投資家の積極的な売買によって大きな値幅変動が起きるのはデイトレーダー達には魅力的な市場ではありますが、多くの投資家が安心して参加できる市場となる事は暗号通貨市場が成長するために必要な一歩でもあります。

 

ビットコインETFが承認されるとどうなる?

ビットコインETFが承認された場合に、暗号通貨市場に約46兆円の資金が流入することになるとCCNが報じています。

承認されれば機関投資家と呼ばれる超大口投資家やヘッジファンドなどの企業からの資金流入が見込めるため、価格上昇に大きな期待が寄せられております。

CCNによりますと世界の年金市場が約4,600兆円なので、その1%をビットコインへ投資するとなると約46兆円の資金が流入する可能性があるということのようです。

CCNの詳細はこちら

現時点でのビットコインの時価総額が約15兆円で90万円という価格を保っておりますが46兆円もの巨額資金がビットコイン市場に流れてくるとなると、単純計算で3倍の270万円になります。

ビットコインの時価総額はこちら

youtuber達もビットコインETFについての話題で盛り上がってますのでその1つを紹介しておきます。

こちらのyoutuberの方は$59,000という価格予想をしており、日本円に換算すると約650万円と試算しているようです。

試算の根拠も具体例を出して計算した結果という事なので他のyoutuberとは違って説得力がありましたが、ETFについていろいろ情報を調査しているとどうやら元ネタと思われるコインテレグラフの記事を発見しましたのでこちらも紹介しておきます。

コインテレグラフの記事はこちら

ビットメックスのCEOも年末にはビットコインが$50,000に達すると予想していたので近い価格です。

もし仮にビットコインETFが$59,000で上場したとするとビットコインは爆発的に値上りする可能性が出てくる一方でETFの方がビットコインの価格に近づいて大暴落する可能性もあります。

日経平均株価と日経225先物の関係と同じで双方の価格に乖離がある場合はどちらかに鞘寄せする現象が発生します。

何れの説にしてもビットコインETFの承認で即ビットコイン価格の上昇に繋がる要因と見てよさそうです。

因みにこちらは先日、世界的に著名な暗号通貨投資家(暗号通貨取引所の運営者でもある)のウィンクルボス兄弟が承認を求めていたビットコインETF「ウィンクルボス・ビットコイン・トラスト」の不承認をSEC(米証券取引委員会)が公表した直後のチャートです。

行動経済学やアノマリー要因による見事な失望売りですね。

 

ビットコインETF拒否の理由は詐欺や価格操作、投資家保護の観点がまだ十分ではないという事でSECは依然、ETFの承認に慎重で時間をかけて判断していく姿勢のようです。

これについてはSEC役員の1人であるヘスターピアース氏はビットコインETF拒否に異を唱えているようでビットコイン市場の制度化を妨げるSECのやり方が逆に投資家保護を損なうのではないかと危惧し、暗号通貨市場の成熟化を止めるものであると懸念を示しているようです。

 

今回のウィンクルボス兄弟の申請は拒否という残念な結果に終わっておりますがこれは数あるビットコインETF申請の中の1つであって本命はシカゴオプション取引所(CBOE)が申請しているビットコインETFの方です。

 

こちらの承認か拒否かの判断が、今年最大のターニングポイントであるとの意見もあるようで今後のビットコイン価格について極めて重要な要素であるようです。

こちらの結果は8月10日前後に下されるとの事で運命の日とかXデーとか言っている人もいるようですね。

 

CBOEがSECにビットコインETFを申請したことを受け、SECが6月24日に出した文書によると「申請されたルール変更が有効になる日と委員会が判断する日が45日以内」、さらに「最大で90日間を判断に要するかもしれない」という記載があったようで文書を出した6月24日から計算して45日後が8月10日という理屈のようです。

 

一部では申請が完了したのは7月2日という説もあるので、そうなると45日後は8月16日、最大でも90日後ということなので9月24日までにビットコインETF承認か拒否かの結果が発表されるという事なのでビットコインホルダーは大注目のイベントになりそうです。

こちらの本命がまだ控えているのでビットコイン価格は90万円台に戻したというのが現状の動きなのではないかと推察しております。

これについてはどうやら匿名の関係者がビットコインETFはほぼ確実と伝えていたからのようです。

これの元ネタとなるICO Jornalの記事によるとCFTC(米商品先物取引委員会)からの内部情報によると90%の確率でETFは認可、SEC(米証券取引委員会)の元職員も9月にも良い結果が出ると語っているようです。

ICO Jornalの記事はこちら

こうした情報戦が日々繰り広げられているのが相場の世界なので、相場について何の勉強もしていない素人や基礎的な知識を少し勉強した程度の初心者ではあっという間に虎の子の資金を毟り取られてしまうので有識者や良心的な投資系サイト、ブログ、youtuberの方々が安易な参加はお勧めしない理由でもあります。

ビットコインETF承認となれば本格的に機関投資家や百戦錬磨のプロが乗り込んでくるので彼らは利益を出すためにあらゆる手段を講じてくるでしょうからこれまでのようにガチホしてれば良いという常套手段は通じなくなる可能性もあります。

今現在稼げている取引所間の価格差を利用したアービトラージもいろいろな所からツールが提供されているようですがビットコインETF承認となれば市場価格が統制されて歪みが無くなってしまい、通用しなくなるかも知れません。

実際に10数年前にFXが日本で流行り始めた当初は今の暗号通貨市場と同じで証券会社ごとに売買価格に差があってアービトラージだけで何千万と稼いでいた人やツールが販売されていました。

アービトラージ系のツールは30~100万円と非常に高価な物ですからこちらで運用している人はFXの二の舞になって大損する可能性も出てきます。

ビットコインETFの結果は今後の暗号通貨市場に大きな影響を与えるイベントである事は間違いないと思います。

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください