2019年11月のドラストFX実践結果

2019年11月のトレード結果は次の通りです。

2019/11のトレード成績

今月のトレード成績は以下の結果になりました。

勝敗:21戦12勝6敗3分

勝率:57.1%

獲得:+69pips

損失:-40pips

損益:+29pips

今月の利益:29,000円

PF:1.7

PF(プロフィットファクター)とは

トレードの利益と損失の割合を数値化したものです。
計算式は「総利益÷総損失」となります。

従って、PFが1を超えると利益が出ているトレード手法、1未満だと損失を出しているトレード手法となります。
半年や一年というスパンでトレード手法を見た場合に、PFが1未満であればトレード手法そのものを見直す判断基準のひとつとなります。

一般的にPFが2を超えるとかなり優秀なトレード手法だと判断されます。

今月の所感

今月は107円台から109円台の2円幅で推移し、日足レベルで見てみると8月の暴落から現在までに安値切り上げ、高値更新が入っているので上昇トレンドの真っ只中にいるということがわかる相場状況ですが、さらに1段階レンジを広げて月足レベルで見てみると2015年からの下落トレンド継続の流れは4年経っても未だに持続中で、直近の高値切り下げ、安値更新は崩れていないので下落トレンド終了の兆しは確認できないので長期目線では戻り売りを狙う戦略にまだ分がありそうです。

現状では週足200移動平均線付近で跳ね返されたように見えますし、ドラストFXのサインも大筋では下降トレンドであることを示唆していますのでやはり戻り売りを狙って利益を上げる手法が勝ち易いのではないかと思われます。

8月の暴落でつけた安値と直近の高値にフィボナッチを当ててみると大衆に意識されるラインとしては38.2ラインの107.70、半値戻しの107.08、61.8ラインの106.46となることが予想されます。

今月のドラストFXはコツコツですが薄利を積み上げて時には調子良く波に乗って大きな利益を出す局面があり、大きな損切りになることもなかったため収益はプラスで終わる結果となりました。

先月に予告しておりますがドラストFXの運用結果の報告は今回の2019/11の報告でちょうど1年となり、キリがよく、新企画の始動もあり、今後はそちらの記事等で忙しくなりますのでドラストFXとしては今回の報告をもって終了とさせていただきたいと思います。

最後の月次報告もなんとかプラス収支で締めることが出来たのでドラストFX的には有終の美で終われたのかなと思います。

週次報告の方もご覧になっている読者様はご存知かと思いますが、最終週は残念ながらマイナスで終わってしまったのでカッコつかない状況でしたが半年や一年という長期スパンで最終的にはプラス収支で終われるならそれで良いと私は思います。

短期的に爆発的に10倍とかに資産を増やすなど利益を上げたとしても一年後にすっからかんになっているようだとこの一年一体何をやっていたんだということになりますし、二年目からはロットを上げて運用するというレバレッジを効かせることも出来ないのでいつまで経っても自分の資産が増えないで貴重な時間だけが過ぎ去っていってしまうという非常に好ましくない状態になってしまいます。

この状況を脱するためにはしっかりと運用ルールを決めて、愚直にそれを実行することだけであると思います。

FX系youtuberが買いと言っているから買ったとかライブ配信を見てミラートレードをするとかそうした他力本願ではなく、自分でルールを作って検証し、あくまで自分が実践出来るものでなければならないと思います。

実際にトレードするのは自分自身なんですからどんなに素晴らしい手法があったとしても実践できなければ絵に描いた餅ですのでちゃんと自分の頭で考えて手法を選別しなければならないと思います。

これも当ブログでは常々言っていることですが投資は続けられなければ意味が無い世界であると思っています。

宝くじを当ててそれで一生遊んで暮らすということを目標にしているような一攫千金狙いのギャンブラー思考の人は先に書いたように短期的に10倍とかにするハイリスクを伴うギャンブルトレードをやったらいいと思いますが、この先もずっとずっと投資で食べて行こうと思うのならば堅実に再現性のある手法でコツコツを積み重ねるということを淡々とやっていくのが一番の近道であると私は思います。

そのお手伝いの1つとして当サイトでドラストFXを紹介し、ドラストFXを使用した手法の実践結果を公開して来ました。

ドラストFXの実践結果が必要としている人の目に留まればと思い、1年という期間続けて来ましたが、もう結果は判って頂けたと思っているのでここらで御役御免なのかなと思い、次のやりたいことに移行させていただこうと思います。

他のサイトさんではドラストFXで良い事ばかり言っている記事が散見され、中には一回も負けトレード無しなんていう都合の良い結果だけ載せたトンデモブログなんかもありました。

一回も負けトレードが無いというのは大変素晴らしい事ですが、FXツールを使う以上はダマシに引っかかることは多々あって、そのダマシをどうやって回避するかが腕の見せ所といいますか、工夫するところですが、こうしたテコ入れを行ってなお、実際には最悪の状態も経験し、痛みも伴うものなので私のサイトでは真実を包み隠さず公開しようと思ってFXツールを売る側からすれば非常に都合の悪い負けトレードの結果もしっかりと公開して来ました。

都合の良い結果だけ載せて勝てる儲かると宣伝するから購入者は実際に使用した時にギャップを感じて話が違うじゃないかとか詐欺だという話になってしまうんだと思います。いわゆる業界の闇というやつですね。

ドラストFXを使用してこの一年のトレード振り返ってみると大きな利益を上げられた月もあれば、理不尽に損切りになって収益がマイナスになってしまったり、先月のように頑張ってトレードしたのに利益が無いということもありました。

それでも一年という期間でしっかりと利益は積み上がっていますので、二年目からは例えばロットを倍にするとかしてさらに利益を積み上げて行けば良いと思います。

イメージ的には成長曲線のような指数関数的なのが理想とされていてこれが一番無理の無い資産の増え方とされています。

画像引用元:静岡学習塾様

この図で言えばブレイクポイントを超えるまでが非常にシンドイ時期でこんなに頑張っているのにお金が少ししか増えてない、この手法止めようかななどとネガティブな感情が噴出することは多々あるので、あと少し頑張ればブレイクポイントを超えられて一気に資産が倍増するという地点に到達出来るのに自分から諦めてしまう人が多いのも成功出来ない人の典型的なパターンであるとも言われています。

そうした人達は次から次へと新しいFXツールを買っては辞めを繰り返すノウハウコレクターとなってしまっているのも投資に限らず、ダイエットや英語教材など類似した例は世の中に溢れていると思います。

もう一度言いますが続けられなければ意味が無いんです。途中で辞めてしまったらまたゼロからのスタートなんです。いつまで経っても技術(スキル)が身につかず、継続して実践もしないから経験値が溜まらず、レベルが一向に上がらずに次のノウハウへと移っていくので同じところをグルグル回っているだけで何にも成長しないんです。無為に時が過ぎてしまうだけなんです。

以前の私が良い例です。夢見たいな詐欺話に乗ったり商材を買い漁って、ちょっとやって上手く行かないから次のノウハウへと渡り鳥のように転々とノウハウを変えて、塾や商材代、実践するための費用などで大きな借金を抱えて自己破産寸前まで行って取り立ての手紙やら電話やら貰って強面のおっさんが家まで押しかけて来そうな状況になって殺されるんじゃないかって身の危険を感じてストレスで髪の毛が真っ白になるような恐い思いをしてやっと目が覚めるような大馬鹿者でもこの当たり前の事に気がつけたんです。

私のような要領も悪い上に元頭も悪いというどうしようもないクズでもこの当たり前の事に気がつけたんですから、私なんかより聡明な読者のみなさんはこの記事を読んだだけで成功するために必要な事は何なのかが判って貰えると思います。

ちょっと長くなってしまいましたがこれでドラストFXの記事は終わりにしたいと思います。

次の新企画も近い内に始動しますのでそちらもよろしくお願い致します。

ドラストFXの関連記事はこちらです、興味がある方は見てみて下さい。
ドラゴンストラテジーFXは神ツールではない ドラストFXで資産運用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください