2019年9月のプロトリFX実践結果

2019年9月のトレード結果は次の通りです。

2019/9のトレード成績

今月のトレード成績は以下の結果になりました。

勝敗:29戦10勝19敗

勝率:34.5%

獲得:+310pips

損失:-212pips

損益:+98pips

今月の利益:+98,000円

PF:1.5

2019/9の特典トレード成績

こちらは当サイトからプロトリFXを購入していただいた方への特典のトレード手法を実践した場合のトレード結果です。
勝敗:10戦7勝3敗

勝率:70.0%

獲得:+108pips

損失:-18pips

損益:+90pips

今月の利益:+90,000円

PF:6.0

PF(プロフィットファクター)とは

トレードの利益と損失の割合を数値化したものです。
計算式は「総利益÷総損失」となります。

従って、PFが1を超えると利益が出ているトレード手法、1未満だと損失を出しているトレード手法となります。
半年や一年というスパンでトレード手法を見た場合に、PFが1未満であればトレード手法そのものを見直す判断基準のひとつとなります。

一般的にPFが2を超えるとかなり優秀なトレード手法だと判断されます。

今月の所感

今月は先月の暴落からの反発期間として上昇する値動きをしていました。

プロトリFXを日足チャートで使用したものが以下になりますが、トレンドバーの状態に着目してみると月始めのトレンド状態は下落傾向である事を示し、その後はノートレンド状態に移行してその後上昇トレンドとなっております。

日足レベルでの上昇トレンドが続いている間は下位足の安値付近を拾う戦略が有効であるかと思います。また、絶好の押し目買いポイントとしてはチャートに示した赤い移動平均線(25日)で拾っておくのも上手く機能してリバウンドを狙ったトレーダーは利益を手に出来ていたと思います。

長い時間足のトレンドに逆らわずに下位足の安値付近を拾う戦略は再現性もあり、度々お世話になっている手法ですのでプロトリFXを活用した相場分析手法の1つとなれば幸いです。

今月のプロトリFXでは大きなトレンドの波に上手く乗って利益約10万を積み上げる結果となりました。

プロトリFXは利益確定のサインが表示される前に逆の売買サインが表示されると途転して逆ポジションを取るのでその度に利益を吐き出してしまうのでそれなりにストレスが溜まったり、時にはあまりの不甲斐無さに怒りを覚える局面もあるかと思います。

しかし、ルールであるからと割り切って淡々とトレードした結果が上記のものであり、利益が出なかったからと言って途中で不安になって諦めてルールに従ってトレードする事を辞めてしまえばこの結果には決して辿り着けないのである種の忍耐強さも求められます。

ちょっと厳しめな事を言ってしまいますがプロトリFXを購入したからと言って即利益に繋がるような甘い物ではなく、途転によって利益を吐き出し続けて手持ち資金がドンドン目減りしていく恐怖だったり、損切りばかりさせられる苛立ちや焦りといった負の感情の噴出に耐えられる胆力が求められます。

良い面ばかりではなく、この結果に辿り着くまでにこうした不利な状況でもトレードを続けられる強靭な精神力が必要となって来ますので安易に稼げると思っているのであれば、実際のトレードではこうした精神的な葛藤がある事を覚えておいて欲しいと思います。

プロトリFXレビュー記事及び当企画の運用ルールは以下をご覧下さい。
プロフェッショナルトリガーFX(プロトリFX)は勝てない プロトリFXで資産運用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください