2019年8月19日週の未来予知FX実践結果

2019年8月19日週のトレード結果は次の通りです。

今週のトレードポイント

爆益トレードポイントの出現無し。

マニュアルトレード

まず、先週のドル円相場全体のチャートはこちらです。

トレンドサインとトレンドマスターが一致しているポイントでトレードした結果は以下の通りでした。

8/22

106.54買い
106.32(58)売り
-22(+4)pips

106.32売り
106.58(30)買い
-26(+2)pips

106.58買い
106.00(62)売り
-58(+4)pips

8/24

106.00売り
105.91(99)買い
+9(+1)pips

※()の数値はイグジットバンドタッチで決済した場合の結果です。

2019年8月19日週のマニュアルトレード結果

勝敗:4戦1勝3敗

勝率:25.0%

獲得:+9pips

損失:-106pips

損益:-97pips

今週の利益:-97,000円

今週の所感

今週は全体的に小幅でレート推移し、一定のレンジ内を行き来している感じでしたが、日足チャートに目を向けてみると8/13から約2週間かけて三角持合ぎみになっており、8/23にレンジブレイクが発生し下離れした状態となりました。

未来予知FXは1時間足チャートを見ているためかこのレンジ相場に気付いてどちらかのレンジブレイクで矢印が出現したらエントリーするという使い方もあったのではないかと思いますし、長期で相場を見ているトレーダーはこの三角持合にも気付いているので狙い易い相場だったのではないかと思います。

特典トレードは条件不一致のため、今週はトレードポイントがありませんでした。

マニュアルトレードでは基本的にトレンドフォロー系FXツールである未来予知FXとしては苦手なレンジ相場だったため、上限付近で買わされ、下限付近を売らされるという裏目を引かされて大きな損失を重ねてしまいましたが、エグジットバンド決済の方法はこうしたレンジ相場でも利益を上げられると豪語する通り、全て利益のトレードとなっておりました。

今現在がレンジ相場なのかトレンド相場なのかの判断をつけられないと今回のようなレンジ相場に捕まって利益を吐き出させられる結果となるのでツールのサインを盲信するのではなくツール使用者自身でもある程度の知識を持って取捨選択出来ないと利益を積み上げて行けないなという事を改めて実感した一週間でした。

未来予知FX関連記事はこちらをご覧下さい。
未来を予知して獲得利益が前もって判る未来予知FXは全く使えない 未来予知FX-デイトレism-で資産運用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください