2019年8月5日週の未来予知FX実践結果

2019年8月5日週のトレード結果は次の通りです。

今週のトレードポイント

爆益トレードポイントの出現無し。

マニュアルトレード

まず、先週のドル円相場全体のチャートはこちらです。


トレンドサインとトレンドマスターが一致しているポイントでトレードした結果は以下の通りでした。

8/7

106.20売り
106.30(05)買い
-10(+15)pips

8/8

105.97売り
106.22買い
-25pips

8/9

105.84売り
105.52(70)買い
+32(+14)pips

※()の数値はイグジットバンドタッチで決済した場合の結果です。

2019年8月5日週のマニュアルトレード結果

勝敗:3戦1勝2敗

勝率:33.3%

獲得:+32pips

損失:-35pips

損益:-3pips

今週の利益:-3,000円

今週の所感

今週は先週末の暴落を継続して最安値更新し、戻り売りが推奨される相場環境でした。私が利用している某投資顧問ではリスク回避のためにお盆期間は積極的な投資を控える旨の連絡があったこともあって、慎重派の投資家は敬遠ムードだったり、多くの欧米の投資家たちは夏休み休暇に入っているということもあったりして薄商いなため、一部の勤勉なヘッジファンドの仕掛けで大きく値が動く傾向にあるのが8月相場です。

いわゆる夏枯れと呼ばれるもので、特にドル円に対してはドル安、ユーロ安、円高が進行しやすいという季節アノマリーですが今年もこのような値動きとなってしまったようです。

後半からは機関投資家が夏休み明けで戻ってくるため、相場も通常運転に戻るのでそれまでは手を出さないことが推奨される相場環境ですが、こうした要因を排除してルールの通りにトレードした結果は以下の通りでした。

特典トレードは条件不一致のため、今週はトレードポイントがありませんでした。

マニュアルトレードでは基本的にトレンドフォロー系FXツールである未来予知FXの得意なトレンド入りしている状態で上手く機能して30pips程度の大きな値幅を取れた場面もありましたが、マイナス収支となってしまいました。

大切な資産を守るという意味ではこの時期は積極的にトレードするよりは嵐が過ぎ去るのを待つかのごとく、静観するという選択肢が良いのかなと思うところです。

未来予知FX関連記事はこちらをご覧下さい。
未来を予知して獲得利益が前もって判る未来予知FXは全く使えない 未来予知FX-デイトレism-で資産運用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください