2019年7月15日週の未来予知FX実践結果

2019年7月15日週のトレード結果は次の通りです。

今週のトレードポイント

爆益トレードポイントの出現無し。

マニュアルトレード

まず、先週のドル円相場全体のチャートはこちらです。

トレンドサインとトレンドマスターが一致しているポイントでトレードした結果は以下の通りでした。

7/19

107.48売り
107.65(47)買い
-17(+1)pips

※()の数値はイグジットバンドタッチで決済した場合の結果です。

2019年7月15日週のマニュアルトレード結果

勝敗:1戦0勝1敗

勝率:0.0%

獲得:0pips

損失:-17pips

損益:-17pips

今週の利益:-17,000円

今週の所感

今週は週末に控えている参議院選挙のためか局所的なレンジ相場で推移し、その後は急激な円高に振れて、元の水準まで戻してくると言ういわば行って来いという値動きをしていました。選挙時期というのは往々にして相場に参加して余計なリスクを背負いたくないという心理が働くので薄商いとなる傾向があり、そうした状況下でのトレードは難易度が高いので敬遠するのが一般的です。

特典トレードは条件不一致のため、今週はトレードポイントがありませんでした。

マニュアルトレードでは週間の安値ブレイクでエントリーを狙ったものと思われるポイントでショートエントリーサインが点灯しましたが、利益になっていた時間は数時間でその後は怒涛の巻き返しでエントリー価格まで戻してきてps程度の大きな値幅を取ることを出来ました。

ちなみにバンドタッチで決済したとすると、エントリーポイント自体がバンドタッチ状態であったため1pips取ったこととしています。

選挙というのは数年に一回のイベントであるのでこの時期は見送った方が余計なリスクを背負い込んで無用に負けトレードを重ねる率が高くなるので敬遠するのが慎重派トレーダーの思考パターンですが、未来予知FXに限らず巷のサインツールにはこうしたイベントは考慮されていないのでこの時期のサインは無視して何もせずに守りに徹した方が良いかもしれません。

未来予知FX関連記事はこちらをご覧下さい。
未来を予知して獲得利益が前もって判る未来予知FXは全く使えない 未来予知FX-デイトレism-で資産運用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください