2019年2月4日週のドラストFX実践結果

2019年2月4日週のトレード結果は次の通りです。

今週のトレードポイント

2/5

109.88売り
109.97買い


-9pips

2/6

109.84売り
109.94買い


-10pips

109.94買い
109.95売り


+1pips

109.77売り
109.79買い


-2pips

109.75売り
109.71売り


+4pips

2/7

109.85買い
109.87売り

+2pips

2019年2月4日週のトレード結果

勝敗:6戦3勝3敗

勝率:50.0%

獲得:+7pips

損失:-21pips

損益:-14pips

今週の利益:-14,000円

 

今週のベストトレード

今週のドル円相場は一時110円を抜ける場面はあったものの109円後半に滞在する時間が長く、方向感の無いレンジ相場となっていました。トレンドフォローを得意とするドラストFXにとっては最も苦手な時間帯という事もあって、やはり、投資の利益は相場が稼がせてくれるものであって現在の相場に合ってない戦略を採択するとどうあがいても無理だと言う事をまざまざと見せ付けられた様な気がしました。

それでも敢えて今週のBESTトレードを挙げるとするならばこの局面になります。
先週から続いている上昇トレンドの押し目辺りで上手い具合に買いサインが発生しているので、ここを拾ってドラゴンメーター、ドラゴンバンドの状態から109.80付近まで利を伸ばせる場面がありました。

109円台を行ったり来たりするレンジ相場が長く続いている状況なのでドラストとしては歯がゆい局面ですが上下どちらかに動いてくれればトレンドの恩恵を上手く享受し、本来の実力を発揮してくれるものと思っております。

ドル円には5年、8年、17年サイクルなどなど色々な角度からの分析手法がありますが、どうやらこれらのサイクル理論によりますと現在はちょうど円高のサイクルに入っているようなので、もしかすると現在の水準が長く続いているのはこれから始まる円高への助走といいますか序曲といいますか大きく動くための力を溜めている状態なのかもしれません。

とあるアナリストは現在のアメリカの情勢を鑑みると今年の夏頃から円高ドル安になり、金の価格は上昇すると予測しているようですが、今後の見通しは円高という意見は他と同じである分、現在のドル円相場に動きが無い状態は不気味に思えて来ますが、ドラストFXのサインがトレンドフォローという戦略を採択している以上、トレンドが出ないと利益にならないため、トレンドが出てくれるのは歓迎すべきことなので今後の動きに期待したいところです。

当企画のドラストFX運用ルールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください