2019年2月のプロトリFX実践結果

2019年2月のトレード結果は次の通りです。

2019/2のトレード成績

今月のトレード成績は以下の結果になりました。

勝敗:23戦10勝13敗

勝率:43.5%

獲得:+228pips

損失:-116pips

損益:+112pips

今月の利益:+112,000円

PF:2.0

2019/2の特典トレード成績

こちらは当サイトからプロトリFXを購入していただいた方への特典のトレード手法を実践した場合のトレード結果です。

勝敗:8戦6勝2敗

勝率:75.0%

獲得:+137pips

損失:-13pips

損益:+124pips

今月の利益:+124,000円

PF:10.5

PF(プロフィットファクター)とは

トレードの利益と損失の割合を数値化したものです。
計算式は「総利益÷総損失」となります。

従って、PFが1を超えると利益が出ているトレード手法、1未満だと損失を出しているトレード手法となります。
半年や一年というスパンでトレード手法を見た場合に、PFが1未満であればトレード手法そのものを見直す判断基準のひとつとなります。

一般的にPFが2を超えるとかなり優秀なトレード手法だと判断されます。

今月の所感

今月のドル円相場は全体的にレンジ相場となっていたため、トレンドフォロー系のシグナルを出すプロトリにとって苦手な相場でしたが、それでも100pips以上の利益を出せた事は素直に凄いと思います。

しかも、何か特別な事をやっているわけではなくてマニュアル通りのトレードルールでサインに従って淡々とトレードをするだけでこの値幅が取れるのだから初心者こそ余計な事を考えずにビギナーモード一択で始めるのが良いと思います。

また、当サイトの特典で付けている手法でも100pips以上の利益を出せているので両方あわせれば下手すると今月の給与が2倍になったという人も居るかもしれないですね。

プロトリFXで勝てないと言っている人はどうして勝てないのか?その理由はトレードチャンスが少ないからと言って欲を出して自分の技量にそぐわない追撃ブーストやエキスパートに手を出してオーバーロットかました挙句にバーストしているのでないかと推察します。

プロトリFXを使っているのに何で負けるのか?どこに負ける要素があるのかを考えるとやはりルールを逸脱した行為ばかりやって資金を溶かしているとしか思えませんでした。

この手のサインツールは大概裁量トレードを引き合いに出して来て、利益が出ない、勝てないのはあなたの技術不足だと遠回しに言っている物がほとんどですが、プロトリのビギナーモードに限っては現時点ではツールのサイン通りにトレードして利益が出る事を確認している数少ないサインツールです。

待つも相場という相場の格言がありますように利益を焦ってエントリーサインの通りにエントリー出来なかったからと言って中途半端な所でエントリーしたり、撤退のサインで損切りしなかったりすると手痛い損失や得られるべき利益を逃すという事が随所で見られたので本当にルールの通りにやらないと利益を残すのは難しいという事を実感しました。

そもそも投資は危険なものなので、自分の資産を守るためのルールを厳守しなければあっと言う間に資金が溶けてなくなってしまう世界なのでルールを守れないのならば投資に向いていないと判断して早々に退場してしまうのもありかもしれません。
お金を稼ぐのであれば投資ではなく、別の手段を考慮するのも1つの手です。しかし、投資でやって行きたいと強く望むのであれば当たり前の事が当たり前に出来るように自分の感情をコントロールする訓練も必要ですので目先のテクニックではなく、精神面も修練する必要があります。

プロトリFXを手に入れさえすれば勝てると安易に考えている人はこのツールだけで勝てるほど相場は甘くないとだけ言っておきます。

 

プロトリFXの関連記事はこちらです、興味がある方は見てみて下さい。
プロフェッショナルトリガーFX(プロトリFX)は勝てない プロトリFXで資産運用

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください