2019年1月のドラストFX実践結果

2019年1月のトレード結果は次の通りです。

2019/1のトレード成績

今月のトレード成績は以下の結果になりました。

勝敗:35戦17勝18敗

勝率:48.57%

獲得:+141pips

損失:-143pips

損益:-2pips

今週の利益:-2,000円

PF:0.98

PF(プロフィットファクター)とは

トレードの利益と損失の割合を数値化したものです。
計算式は「総利益÷総損失」となります。

従って、PFが1を超えると利益が出ているトレード手法、1未満だと損失を出しているトレード手法となります。
半年や一年というスパンでトレード手法を見た場合に、PFが1未満であればトレード手法そのものを見直す判断基準のひとつとなります。

一般的にPFが2を超えるとかなり優秀なトレード手法だと判断されます。

今月の所感

米国政府機関の一部閉鎖の影響が大きいためか今月はトレンドが出辛いレンジ相場となり、トレンドフォロー系ツールであるドラストFXには非常に苦しい相場環境下での運用となり、残念ながら今月は利益ではなく損失を出してしまうという投資家、トレーダーの誰もが望まない結果となってしまいました。

やはり利益というものは相場が稼がせてくれるものであって、相場が稼がせてくれなければどうあがいても無駄だということを改めて実感することになりました。トレンドフォローを使う以上はトレンドが出てくれなければどうにもならないという典型的な相場でした。

今月はレンジ相場が多かったこともあって多くのダマシに引っかかってしまい、損切り上限に引っかかる事が最大の敗因であると思っておりますが、それでも回収不可能な程の手痛い損失を出したわけではないので、相場が平常運転に戻りさえすればこの先のトレードで十分にカバーすることが可能であると思っております。

 

ドラストFXの関連記事はこちらです、興味がある方は見てみて下さい。
ドラゴンストラテジーFXの記事はこちら

当企画のドラストFX運用ルールはこちら

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください