2019年上半期のプロトリFX実践結果

2019年上半期のトレード結果は次の通りです。

2019年上半期のトレード成績

勝敗:163戦67勝94敗2分

勝率:41.1%

獲得:+1,202pips

損失:-1,026pips

損益:+176pips

上半期の利益:+176,000円

PF:1.2

※プロトリFX実践記事公開日は2月からなので5ヶ月分の結果となります。

2019年上半期の特典トレード成績

こちらは当サイトからプロトリFXを購入していただいた方への特典のトレード手法を実践した場合のトレード結果です。
勝敗:24戦17勝7敗

勝率:70.8%

獲得:+347pips

損失:-36pips

損益:+311pips

上半期の利益:+311,000円

PF:9.6

※プロトリFX実践記事公開日は2月からなので5ヶ月分の結果となります。

PF(プロフィットファクター)とは

トレードの利益と損失の割合を数値化したものです。
計算式は「総利益÷総損失」となります。

従って、PFが1を超えると利益が出ているトレード手法、1未満だと損失を出しているトレード手法となります。
半年や一年というスパンでトレード手法を見た場合に、PFが1未満であればトレード手法そのものを見直す判断基準のひとつとなります。

一般的にPFが2を超えるとかなり優秀なトレード手法だと判断されます。

2019年上半期の所感

昨年末からの急激な円高で始まった2019年はそこからの反発と反落で半年推移していました。

プロトリFXを日足で使用するとこの半年間で強い上昇トレンドを形成している局面と強い下落トレンドを形成している局面があり、ここで押し目買い、戻り売りを狙うと1円以上の値幅を取るトレードが出来ていて、勝ち易い状況が出現していました。

この半年間のプロトリFXの成績としてはまずまずの結果でドル円相場だけで200pips近い利益が積み上がる結果となっていました。

これはビギナーモードのサインに従ってトレードした結果であって、特別な条件などは一切使用していない結果なので誰にでも実践することが出来ます。他の通貨ペアもトレードすればその利益は着実に積み上がって行き、1トレードに張れるロット数も徐々に上がっていき、飛躍的にトレードで稼ぐ利益も増えていくものと思います。

プロトリFXのような5分足の短期トレードをするFXツールとしては値動きが一定の値幅で行き来するレンジに収まっている間は数々のダマシに引っかかって損失が出続けている中でも短期的なトレンドを形成している局面ではこのトレンドを上手く利益に変えてトータルでプラス収支に持っていくイメージです。

プロトリFXでは逆の売買サインが表示されると途転して逆ポジションを取るのでその度に利益を吐き出してしまうのでそれなりにストレスが溜まったり、時にはあまりの不甲斐無さに怒りを覚える局面もあるかと思います。しかし、ルールであるからと割り切って淡々とトレードした結果が上記のものであり、途中で諦めてトレードを続けなければこの結果には辿り着けないのである種の忍耐強さも求められます。

当サイトからプロトリFXを購入していただいた方への特典のトレード手法を実践した場合は約半年で一般的なサラリーマンの給与程度の利益をドル円相場のみで叩き出すことが出来ました。他の通貨ペアも同様にトレードしたり、徐々にロット数を上げる等の複利運用も行えばどのような結果となるかは聡明な方であればご理解いただけるかと思います。

特典のトレード手法は相場の優位性を利用したトレード手法であり、投資の王道であるトレンドフォローを基本戦略に採択しており、勝率や獲得利益を飛躍的に高める常套手段を活用しているのでまだ自分なりの勝ち方が定まっていないのであればプロトリFXを使用した特典のトレード手法の実践も検討されてみて下さい。

各月のプロトリFXの実践結果はこちらです。
2019年6月のプロトリFX実践結果 2019年5月のプロトリFX実践結果 2019年4月のプロトリFX実践結果 2019年3月のプロトリFX実践結果 2019年2月のプロトリFX実践結果

プロトリFXの関連記事はこちらです、興味がある方は見てみて下さい。
プロフェッショナルトリガーFX(プロトリFX)は勝てない プロトリFXで資産運用

無料相談受付中です

もし、気になる点がありましたら、気軽に問い合わせて下さい。

SYUに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください